• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

デンソー

業績は順調でも、かさむ設備投資

  • 伊藤 暢人

バックナンバー

2006年12月1日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 デンソーの北米における基幹生産拠点、デンソー・マニュファクチュアリング・テネシー(DMTN)では、工場増設に向け造成工事の真っ最中だ。1988年に米クライスラー(現ダイムラークライスラー)向けのスターターや車載発電機の工場としてスタートしたこの工場は、現在ではメーター類や車体制御用電子部品なども生産している。今回増設するのはその電子部品工場で、合計約210億円を投じて2007年末までに2万平方メートルの建屋を増設し、現在の倍以上の規模に拡大していく。

 この工場の事業構造は、デンソーの全体像と奇妙にだぶる。設立時にはスターターや発電機のみだった生産品目に、メーターや電子部品を順次加えてきた。米ゼネラル・モーターズ(GM)や米フォード・モーターの不振を、トヨタ自動車(7203)やホンダ(7267)、日産自動車(7201)などの日本勢との取引が穴埋めし、さらにおつりが出るほど伸びている。現在、売り上げの5割強がトヨタ向け、約2割がその他の日系自動車メーカー向け、残りが米国勢など向けという状況だ。

 設立時には600人だった従業員数は、現在2500人にまで増えている。この数は、この工場があるテネシー州メリーヴィル市の人口約2万3000人の1割を超えており、同市最大の雇用主となった。さらに増設後にフル生産になれば、従業員数は3000人までに膨れ上がる。かつてこの地域経済を支えたアルミ産業は衰退気味で、「我々がこの地域の経済において果たす役割は大きい」と服部雅彦DMTN社長は話す。

業績は過去最高を更新中

 デンソー全体の業績も、日系自動車会社の伸びに支えられて好調だ。2007年3月期の連結中間決算では、売上高が前年同期比12.9%増の1兆7017億円、営業利益が同15.5%増の1383億円と、ともに過去最高を更新した。

 通期の見込みでは、売上高と営業利益とも上方修正し、同売上高は3兆5000億円、営業利益は2880億円を見込む。ハイブリッド車向けや、ディーゼル車向け部品などが伸びており、世界の自動車部品業界ではドイツのボッシュに次ぐ2位の地位が維持できそうだ。

コメント0

「NB100」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック