• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

早くも上がる「その次」の声

セイコー創業家内紛、グループ再編に発展も

  • 編集委員 田中 陽,安倍 俊廣

バックナンバー

2006年12月5日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

名門グループの次なる総帥は誰に…

 「グループ内で真二さん待望論が広がっていますよ」。セイコーグループの創業家に近い関係者はこう語る。

 11月16日に勃発したセイコーインスツル(SII)の創業家会長の解任劇。新保雅文氏を社長とする新体制は発足したばかりだが、早くも社内外で“その次”が取りざたされ始めた。その軸になりそうなのが、解任された服部純市氏の2歳違いの弟、真二氏である。

 1975年に慶応義塾大学を卒業後、84年精工舎に入社。2003年からセイコー子会社、セイコーウオッチ社長を務めている。その真二氏が早晩、SIIの経営に参画してくるのではないか、との見方が浮上している。

ウオッチ事業で対立か

服部純市氏が主なSII株主に送った文書
服部純市氏が主なSII株主に送った文書

 発信源の1つはほかならぬ純市氏だ。11月24日、創業家が大半を占めるSII株主に一連の解任劇に対する自らの主張を記した文書を送付。解任は「(叔父でセイコー名誉会長である)礼次郎氏と、弟の真二が画策したため」と指摘。SIIとセイコーのウオッチ(時計)事業の統合に対する意見の違いが、そもそもの原因だとした。

 セイコーグループはSII、セイコー、セイコーエプソンの3社が中核だが、会社をまたがって重複し、互いに競合する事業もある。それをどう整理し、グループの競争力を高めるか。純市氏は数年前からその道筋を描こうとしていた。その手段の1つがウオッチの再編。SIIがセイコーの同事業を買収し、製造から販売までを一貫して手がけるという筋書きだが、礼次郎氏などは了承しなかった。

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長