• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

イラク撤退、ベトナムより傷深く

2007年、米国の衰退、ロシアと中国の勃興

  • ジョン・グレイ

バックナンバー

2007年1月16日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

【特別寄稿】
ジョン・グレイ[ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)教授]

 2007年の世界情勢はどうなるのか。確実に言えるのは、イラク戦争以降続いてきた趨勢がこのまま続くということである。

 つまり、米国のさらなる国際的な威信低下は避けられない。対外経済不均衡の拡大、国際指導力の低下により弱体化するドルはその象徴だ。他方、世界を見渡せば、ロシアのエネルギー超大国としての存在感が増す。強権的なプーチン政権への西側からの不信の目が強まるとしても、その傾向は続く。

 中国の存在感も増大を続けるだろう。表面上は平和的な国際環境での国力増強という基本政策を続けるのは間違いないが、それは一方で、軍事力を増強しながらである。

 こうした状況を前提にして世界情勢を鳥瞰すると、2つの大きなトレンドに気づく。

 1つは独裁的な強権政権の伸長である。恐らく1930年代以後では初めて、世界の中で強権的な政治勢力が力を強める時期が始まろうとしている。もう1つはエネルギー問題の深刻化だ。これまで保たれてきた供給側と消費側の均衡が崩れ、力は生産者寄りにシフトしていくだろう。

 具体論に移ろう。まず最初に検討しなければならないのはもちろん、イラク問題である。

 結論から言えば、米ブッシュ政権が大失敗と言ってよいイラク戦争から手を引くのは、非常に困難な情勢だ。

 ジェームズ・ベーカー元国務長官らの「イラク研究グループ」がイラク問題からの「出口」を探る報告書をまとめて以降、ワシントンではイラクの“ベトナム化”が声高に論じられている。だが実を言えば、2つの戦争の間には共通点は少ない。

 ベトナム戦争の場合、米国が撤退できたのは、ベトナムが世界経済の中で極めて小さな存在だったからだ。それゆえ米国は手を引いてもそれ以降はあまり大きな負担を背負わずに済んだ。それに対してイラクは、石油産出国ゆえにグローバル経済の極めて重要な役割を果たしている。その分撤退に伴って米国が背負う負担、言葉を換えれば負の遺産は比べものにならない。

 もう1つ決定的な違いがある。ベトナムでは米国が撤退しても統治能力を持つ共産主義政権が北ベトナムにあった。しかしイラクにはないのである。

 現地の米軍が撤退すればイラクは確実に分裂し、周辺諸国の代理戦争の場になる可能性が高い。

 ベーカー報告書が提言したように、米国が周辺国との関係改善に前向きに取り組めばある程度、情勢の悪化は食い止められるかもしれない。

 しかしブッシュ大統領は、提言されたような、イランやシリアとの関係改善には納得しないだろう。中間選挙で敗北したにもかかわらず、イランの核開発を武力で食い止めようとする可能性さえある。そうなったら、中東一帯では今までなかった大混乱が起こりかねない。イランが石油の輸送を封鎖し、イラクの内戦は激化し、中東のシーア派の信者はますます急進的になる。

中東混乱はロシアの利

 ここでロシアの存在が一層クローズアップされる。ペルシャ湾での紛争拡大は、世界のエネルギー超大国としてのロシアの立場をますます強める方向に作用する。

 この数年間でプーチン政権は、ロシアを欧米の力に隷属する半崩壊状態の国から、自らの政策目標と行動に欧米の介入を排除できる国へと変えた。

 その力の源泉はもちろん、石油と天然ガスをはじめとする資源である。欧州はその天然ガス需要のうち二十数%をロシアに依存している。一方で中国もそのエネルギーに触手を伸ばしているため、結果として欧州に対するロシアの優位は揺るがない。世界的なエネルギー争奪戦のおかげでロシアは、民主主義、法治主義、企業活動の透明性といった欧米からの要求を聞かずに済んでいるわけだ。

 さらにロシアは彼らにとっての負の遺産、外資系企業によるロシア国内の資源の保有という状況を清算しようとしている。つまり、そうした企業の実質的な国有化である。それは一見、旧ソ連モデルのようではあるが、間違いなく旧ソ連モデルよりも効率的な「新計画経済体制」である。

 その意味で2007年は、ソ連崩壊後のロシアを欧米流の自由主義経済の原則の下に作り直せるという欧米の幻想に終止符が打たれる年になるだろう。

コメント2件コメント/レビュー

国際的な力学には、エネルギーや資源がキーファクターとなると思う。人々が争うのは、豊かになりたいから、その為に必要なものを互いに奪い合う。豊かになる為に力を競う。しかし、資源は限られている。故に政治でも経済でも、それを獲得する為に全力でぶつかりあう。その方便に宗教や過去の歴史が持ち出される。(人々は争うしかないのか?)しかし、ここに第三の道がある。それは、循環型社会である。互いに奪い合うのではなく、豊かさを循環させる事ができれば、何も争う必要はないのだ。私達には未だ充分に利用していない太陽エネルギーと、既存のエネルギーの3割程度しか満足に利用していない効率の悪い社会がある。(車の燃料でも電化製品でも、7割程度は無為に捨てている)この第三の道の騎手として最も優れた国が日本である。優れた技術で、捨てている7割を可能な限り拾い上げ、残りの3割を太陽エネルギーでまかなえば、エネルギーに関しては問題ない。実現するのには数十年かかるだろうが、それ以外に、環境問題、紛争問題、資源問題の全てを解決する手段を私は知らない。(既に私達がやるべき事は決まっている。なぜなら、それしかないのだから)(2007/01/16)

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

国際的な力学には、エネルギーや資源がキーファクターとなると思う。人々が争うのは、豊かになりたいから、その為に必要なものを互いに奪い合う。豊かになる為に力を競う。しかし、資源は限られている。故に政治でも経済でも、それを獲得する為に全力でぶつかりあう。その方便に宗教や過去の歴史が持ち出される。(人々は争うしかないのか?)しかし、ここに第三の道がある。それは、循環型社会である。互いに奪い合うのではなく、豊かさを循環させる事ができれば、何も争う必要はないのだ。私達には未だ充分に利用していない太陽エネルギーと、既存のエネルギーの3割程度しか満足に利用していない効率の悪い社会がある。(車の燃料でも電化製品でも、7割程度は無為に捨てている)この第三の道の騎手として最も優れた国が日本である。優れた技術で、捨てている7割を可能な限り拾い上げ、残りの3割を太陽エネルギーでまかなえば、エネルギーに関しては問題ない。実現するのには数十年かかるだろうが、それ以外に、環境問題、紛争問題、資源問題の全てを解決する手段を私は知らない。(既に私達がやるべき事は決まっている。なぜなら、それしかないのだから)(2007/01/16)

Nothing new. American and british politicians should have recognized the reality of the Middle East before the beginning of the Iraqi War. They should be blamed for the current disorders in Iraq. The puppet regime is expected to survive only for a limited period. Discussion to create an international framework for securing safety and security sholud immediately be commenced.(2007/01/16)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長