• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

2007年を斬る: 米国保守政治は歴史的転換点に

米国の後を追ってきた日本はその教訓から学べるか?

  • 竹中 正治

バックナンバー

2007年1月19日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2006年11月の米国中間選挙で共和党は、民主党に上下両院の多数派を奪還されて大敗した(参考記事:「米国保守層はどこに向かうのか?」)。2008年の大統領選挙が次の焦点となり、2007年はそれに向けて主要な政治、経済政策の争点が浮上する年となる。

 共和党の大敗をもたらした米国保守政治の求心力低下は恐らく一時的な傾向ではない。ブッシュ政権は任期2年を残すものの、その歴史的な位置づけはおおむね見えてきた。同政権は1970年代後半以降に興隆した米国保守政治の頂点と同時に後退の始まりとなる可能性が高い。

 イラク問題に代表されるネオコン政策の失敗に加え、経済成長の成果が上位“ひとつまみ”の国民にしか還元されない経済成長パターンが長期にわたって続いた結果、過去30年間にわたり右に向かって振れた米国の政治・経済の振り子は重大な調整局面を迎えようとしている。

イラク問題に加え内政問題での揺り戻しが必定

 2007年の米国政治の主要争点は2つある。

 1つは言うまでもなくイラク問題をどのように収拾するかである。今後起こり得るシナリオは2つに大別できる。

(1)イラクで治安維持と政権の正統性の確立に成功し、米軍が成功裏に撤退できる

(2)不首尾のまま米軍は撤退し、イラクはクルド人の独立、シーア派とスンニ派の内戦で旧ユーゴスラビアのような分断国家となる

 (1)の可能性はますます低下している。年頭にブッシュ大統領はイラクへの米軍増派を提案したが、議会と世論は「イラクのことはイラク人に任せる」という理由で、不首尾なままでも米国の軍事的な関与を早々に削減、打ち切る方向に傾斜している。

 しかし、日本は米国の失敗を目の当たりにして高みの見物というわけにもいかない。イラクの政情混乱は中東地域全体の不安定化とテロリストグループの温床拡大につながるからだ。米軍が軍事的な関与をやめれば、それで問題の解決に向かった1970年代のベトナムとは事情が全く違う。

 イラク問題にまして重大なもう1つの争点は、医療、社会保障、教育、税制などの基本理念を巡る内政問題である。米国保守政治の潮流は、累進税制による富者から貧者への社会的な所得再配分を否定し、所得税率のフラット化を進め、同時に年金や医療の公的保険機能を個人勘定化、解体しようとするに至った。その結果引き起こされた所得の2極化とミドルクラスの分解によって、次に述べるように経済の好況が共和党への支持につながらない状態が生まれたのだ。 

経済成長の恩恵から取り残された一般勤労者の不満が噴出

 2001年の景気後退を底に米国経済は好況が続いている。それにもかかわらず、共和党と大統領への支持率が低下し、2006年の中間選挙で共和党が大敗した。その背景にはイラク問題や共和党の醜聞に加えて、経済成長の恩恵が実質労働賃金に反映されていないことが鮮明になってきたことが指摘できる。

 米国非農業部門の労働生産性は2000年以降、年率平均3.3%の高成長を続けてきた。しかし、実質労働給与(医療保険費などの非賃金給与を含む)の伸び率は労働生産性上昇率をずっと下回ってきた。労働省データに基づく実質時給賃金(非管理職の賃金部分のみ)を見ると、過去10年ほぼゼロ成長で推移している。さらに実質週給賃金の推移を1980年から見ると80年代から90年代前半にかけて低下、90年代後半にやや上向いたが、2000年以降はやはりゼロ成長にとどまっている。つまり、米国の平均的な労働者が労働生産性の向上と経済成長の恩恵から取り残されていることを意味している。

コメント3件コメント/レビュー

筆者は、当然、ベトナム戦争を同時期に(多感に)過ごした年代から影響を受けているし本稿の起草時に再確認を行っているとみなして以下の雑感を(無責任にとはいいません)述べます。「米国の後を追ってきた日本は」は同感。米国会社のCEOの高額退職金と、日本のワーキングプアーの出現。経済(すなわちお金:庶民の言う可処分所得)は、その方向に進んでいると実感します。「その教訓から」が薄学浅薄な私にはわかりません。何か例示してください。米国が、本腰を入れれば、イラクから敗戦で撤退という(日本の、あるいは欧州サイドの)評価は、ないと思います。米国の実力を、軽々に判断してはいけないと思います。本当の征服(物理的に、心理的に、宗教的に新大陸を、そして、経済的に欧州までも)を実現した開拓者世代からの精神は、現指導者には、実体験的に脈々と活きているのでは。経営(国家、世界)の観点、即ち、全体最適の観点から撤退する事は有ってでもです。同様に局地的消耗戦に導いたほうが良いと判断すれば、分断国家も容認するでしょうが。日本は、国民皆保険により生存権の平等化、国民皆年金により(命を維持できる)生活を保障(保証)して来た最大の社会主義国家であり、このことは、敗戦(自民党の一部の人は、終戦という詐称で自己の権益を守りますが)という大きな教訓を経た国家として、大いに誇っていいと思います。ここの所をはずさない限り、グローバリゼーション(一時的には世界的な、その前に日本国内における、格差拡大を意味する)は、歓迎されるのでは。持統天皇の、詳しいことは、申し訳ないが、本歌を、思い起こせない一時ボケのせいにして、私の結論を。高みに上れば、ひとびとの、竈炊く煙が、あちこちから盛んに昇っている。アア、このことの幸せと、国は、やはり国民の底上げ、底力があってこそ発展、安定するとの統治者達成感に、わが系統の統治の正しきと、先祖に恥じずを喜ぶと。日本人も、輪中(日本国土)にとらわれずに、華僑や、ユダヤ人などのように世界の各地に拡散、根付いて(世界的民族に発展?しかも根源を忘れないいい意味の)コスモポタリアンになるために今の流動期を乗り越えるために、心して今を、真剣に考え実行してゆこう。遅すぎはしない。投稿ネーム;私は、国粋主義者ではありません、筆者よりも10歳年上です、(2007/02/16)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

筆者は、当然、ベトナム戦争を同時期に(多感に)過ごした年代から影響を受けているし本稿の起草時に再確認を行っているとみなして以下の雑感を(無責任にとはいいません)述べます。「米国の後を追ってきた日本は」は同感。米国会社のCEOの高額退職金と、日本のワーキングプアーの出現。経済(すなわちお金:庶民の言う可処分所得)は、その方向に進んでいると実感します。「その教訓から」が薄学浅薄な私にはわかりません。何か例示してください。米国が、本腰を入れれば、イラクから敗戦で撤退という(日本の、あるいは欧州サイドの)評価は、ないと思います。米国の実力を、軽々に判断してはいけないと思います。本当の征服(物理的に、心理的に、宗教的に新大陸を、そして、経済的に欧州までも)を実現した開拓者世代からの精神は、現指導者には、実体験的に脈々と活きているのでは。経営(国家、世界)の観点、即ち、全体最適の観点から撤退する事は有ってでもです。同様に局地的消耗戦に導いたほうが良いと判断すれば、分断国家も容認するでしょうが。日本は、国民皆保険により生存権の平等化、国民皆年金により(命を維持できる)生活を保障(保証)して来た最大の社会主義国家であり、このことは、敗戦(自民党の一部の人は、終戦という詐称で自己の権益を守りますが)という大きな教訓を経た国家として、大いに誇っていいと思います。ここの所をはずさない限り、グローバリゼーション(一時的には世界的な、その前に日本国内における、格差拡大を意味する)は、歓迎されるのでは。持統天皇の、詳しいことは、申し訳ないが、本歌を、思い起こせない一時ボケのせいにして、私の結論を。高みに上れば、ひとびとの、竈炊く煙が、あちこちから盛んに昇っている。アア、このことの幸せと、国は、やはり国民の底上げ、底力があってこそ発展、安定するとの統治者達成感に、わが系統の統治の正しきと、先祖に恥じずを喜ぶと。日本人も、輪中(日本国土)にとらわれずに、華僑や、ユダヤ人などのように世界の各地に拡散、根付いて(世界的民族に発展?しかも根源を忘れないいい意味の)コスモポタリアンになるために今の流動期を乗り越えるために、心して今を、真剣に考え実行してゆこう。遅すぎはしない。投稿ネーム;私は、国粋主義者ではありません、筆者よりも10歳年上です、(2007/02/16)

「イラクの政情混乱は中東地域全体の不安定化とテロリストグループの温床拡大につながるからだ」この認識は正しいか。正しいとしたら米軍の駐留を正当化するか。イラクの安定化にはあの世のサダムを呼び返すのが一番ではなかろうか?ご教示賜りたく。(2007/02/08)

すばらしい記事です。現在のアメリカの政治が如何に偏ったものであるか(間違ったものであるか)を思い知らせる素晴らしい記事です。現在のブッシュ政権は「上位10%の、上位10%による、上位10%のための政治」です。この記事は、日本がこのような事態にならないよう警鐘を鳴らしておられる訳であり、敬服致しました。(2007/01/19)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長