• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

2007年を斬る: 著作権延長論に物申す

驕るな、クリエーター! 著作権保護は「創作から5年」で十分

  • 山形 浩生

バックナンバー

2007年1月22日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 つまり努力の面でも、自分が創造する価値への献身ぶりや熱意の面でも、「金のためじゃない、より良い仕事をしたいから、これを使う人に喜んでもらいたいから頑張るんだ」という意識の面でも、一般の人とアーティストや作家とは何の違いもない。働く人のほとんどは価値創造行為を行っており、いわゆる創作活動はその中の一部にすぎない。

「著作権」とは家族や子孫を守るためのもの?

 ついでに言うとシンポジウムでは、「自分の仕事を家族に残したい」とか、「太宰治の妻子は生き残っている」といった、家族をダシにした情緒的な議論も多く見られた。でも家族を思う心だって、アーティストが一般人より強いなんてことはない。家族思いは結構。でも、他の職業の人々だって家族のことは大事なのだ。作家だの写真家だの漫画家だの音楽家だのが特別扱いされる理由は、やっぱり全くない。

 そして、ほかのほとんどの価値創造行為によって創造された価値は、創作者の死後50年だの70年だのと保護されたりしない。そばやうどんのようにその場で消費されるか、例えば橋や道路や車のようにモノは数年から何十年も使われるがそこからの価値を創作者は受け取れない。文章だの音楽だの絵や写真だのは、現状ですら特権的な扱いを受けているのだ。まずそのことを認識する必要がある。

 なぜそんな特別扱いが認められているのか? それは松本零士の発言のもう1つの部分に関連している。

 「作家の作品は残る」

 松本零士は恐らく、この言葉を作品が与える感動のような意味で述べていると思う。そばの感動なんて(あるにしても)一過性のものだが、アーティストの作品はいつまでも人々の心を打つ、というわけだ。それはウソじゃない。松本零士の『男おいどん』は30年前も今も、確かに人々に感動を与え続けている。僕は中学生の頃、松本零士のマンガを読んで人生観が本当にがらりと変わったし、今の中学生にもそういう経験をする人がいても不思議じゃない。

 僕は高校生の時、ある店のそばを食べて衝撃的な感動を受けた。でも、ほかの人はそんなに感動しなかったかもしれない。今、同じそばを食べても僕はあれほど感動しないかもしれない。感動というのは、一人ひとりの人間の心のありように大きく左右されるものだからだ。その点では、そばと松本零士の作品に少しの違いもない。松本零士が努力して良い作品を作ったことは間違いないだろう。でも、その努力について、例えば“そば打ち名人”が行う努力に比べて多いとか少ないとか、高尚だとか低俗だとか優劣をつけられるようなものではない。

著作権は技術革新によるマイナス面の補正に過ぎない

 そばは何十年も保存することはできない。一打ち一打ちが勝負だ。松本零士の作品は、紙に印刷され、複製されて、保存されるから後世に残り、多くの人に享受してもらえる。そしてデジタル技術とネットワークの発展によって多くの著作物が爆発的な勢いで流通するようになった。

 なぜ、その果実をクリエーターたちは何十年にもわたって独占したいのだろうか?

 もちろん、複製しやすい、保存しやすいというのは諸刃の剣だ。そば屋は、自分の知らないところで自分の作ったそばが流通することを心配する必要はない。でも、漫画家は自分が描いたマンガがいつの間にか流通し、それが自分に全く見返りをもたらさないという事態が実際に起こり得る。それを補正すべく、一定期間と一定の範囲にわたって自分の作ったものの複製・流通について物言いがつけられるという著作権が認められるわけだ。印刷技術、複製技術が発達したため、その悪い方の影響を補正するために著作権というものが考案されたのだ。

 これはあらゆる権利について言えることだ。情報技術の発達によって、いろんな個人情報を集めて予想もつかない形で分析利用することが容易になったという変化が生じると、それに対してプライバシーの権利が拡大され、例えば個人情報保護法などが制定される。その結果、個人情報を利用することは難しくなる。技術が何かを容易にすると、法律などが制限をかけてバランスを取るということが繰り返される。

 著作権の期間を延ばせという主張は、つまり著作権者の権利を相対的に拡大しろという主張だ。ならば、それを正当化する社会的な変化はあるだろうか。以前よりも創作活動が困難になったとか、発表の場が限られてきたとか、著作権で守られているものだけに当てはまる環境変化があるだろうか。著作権延長によって補正されるべき変化が何か生じているだろうか。社会の中で、クリエーターや作家や写真家だけが受けている変化が何かあるだろうか。

 ほぼ何もない。

コメント64件コメント/レビュー

文化と著作権者の資産との対立と、利己的な政治家の問題なんだろうね…日本の著作権法には文化を守ると言うような言葉も使われているのではあるが、著作権者を守ると同時にバランスしてそれを読む側などの文化も守るという観念がある。文化というのは社会的な公的なもので、それには著作権者の個人的権利が強すぎては社会的な文化にマイナスになってしまう。つまりその二つは対立するわけだ… 著作権者の権利しか考えないのであればそれは文化ではなくただの商品だ。日本にはオタク文化というものがあって、最近では世界的に日本の文化の一つとして知られている。そのオタク文化の一つに二次創作というものがあり、それらは文化、あるいは文化の一面であるはずであるが何ら法的保護を受けていない。それどころか、著作権者の気まぐれ次第ではいつ刑務所にぶち込まれ犯罪者になるか分からない奴隷的立場である。そう言った文化と著作権者の権利のバランスがなぜとられていかないかと言えば、それは政治的腐敗であろう。著作権者という一部の者にお金を集め献金させれば彼らの利益になるからで、そうやって国民の知らないところで著作権法は改悪されていく。(2007/03/27)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

文化と著作権者の資産との対立と、利己的な政治家の問題なんだろうね…日本の著作権法には文化を守ると言うような言葉も使われているのではあるが、著作権者を守ると同時にバランスしてそれを読む側などの文化も守るという観念がある。文化というのは社会的な公的なもので、それには著作権者の個人的権利が強すぎては社会的な文化にマイナスになってしまう。つまりその二つは対立するわけだ… 著作権者の権利しか考えないのであればそれは文化ではなくただの商品だ。日本にはオタク文化というものがあって、最近では世界的に日本の文化の一つとして知られている。そのオタク文化の一つに二次創作というものがあり、それらは文化、あるいは文化の一面であるはずであるが何ら法的保護を受けていない。それどころか、著作権者の気まぐれ次第ではいつ刑務所にぶち込まれ犯罪者になるか分からない奴隷的立場である。そう言った文化と著作権者の権利のバランスがなぜとられていかないかと言えば、それは政治的腐敗であろう。著作権者という一部の者にお金を集め献金させれば彼らの利益になるからで、そうやって国民の知らないところで著作権法は改悪されていく。(2007/03/27)

「どんどん低下する創作物の価値や重み」以下の論点がよくわかりませんでした。「技術的参入障壁が低下→従来確保されていた著作者の利益あるいは権利が減った」という命題は成り立たないという論旨の説明部分だと思うのですが、著作物をごくわずかのすばらしい作品とそれ以外の価値の低い作品に分けて、「例外的なものは、例外的に対処するべきじゃないか」と論じるのは筋が違うのではないかと感じます。究極の名作なら無限に権利保護可能というような、作品価値と保護期間との対応関係を認める論旨のように思えて、上述の命題とは食い違うような印象を持ちました。むしろ、例えば「男おいどん」や「プーさん」について、技術や社会の変化によって生じる死後50年間までを含む総利益喪失が、権利期間延長によって償うほどになるのかという議論をするべきではないかと思います。で、私論になりますが、考えてみますと、こういうのはすでに十分模倣・複製可能になっていたと思うんですね。つまり技術的には本来参入障壁はほとんどなかったので、現在の技術的・社会的変化によって生じる変化分はゼロ。つまり、権利延長すべき理由はない、という筋の方がいいのではないでしょうか。(2007/02/21)

この山形という方はなんて利己的なのだろうかと思う。そりゃ著作権が早く切れてくれれば自分の翻訳のネタがロハで手に入るわけだから5年で切れてくれ!というのは切実な本心でしょう。他人が考えた物をタダで手に入れて翻訳するだけで印税生活なんておいしいですよね。ただ、だからといってこんなくだらない文章でクリエイターを貶める必要があるんですか?山形氏は罵倒・嘲笑するのがお好きな人のようですが、また謝罪するハメにならなきゃいいですけどね。(2007/02/18)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長