• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「やめられない事情もある」

大手ゼネコン談合のキーマンが激白

  • 杉山 俊幸, 熊野 信一郎, 中野 貴司

バックナンバー

2007年2月5日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 名古屋市発注の地下鉄工事を巡る談合事件で、公正取引委員会は名古屋地検特捜部と連携し、大林組、鹿島、清水建設への強制調査に着手した。2006年1月から独占禁止法の罰則が強化されるのを機に、大手ゼネコンは「談合決別宣言」をした。決別宣言はポーズだったのか。独禁法違反容疑でゼネコンが初めて刑事告発される事態になれば、過去の談合事件とは比較にならない激震が襲う。

 「写真はあかん。まともな商売やないから。名前が挙がれば子供とか隣近所とか面倒だ。分かるやろ、それくらい」。大手ゼネコン首脳には口にできない決別宣言後の談合事情。なぜ談合が続いたのか、大手ゼネコンで“談合仕切り屋”として名を馳せたキーマンが本誌に語った。

 最近じゃ月水金の週3日しか出勤しない。社長から直々に言われたんや。「仕事はせんでくれ」って。

 じゃあ、どうして名古屋の地下鉄工事にまつわる談合は続いたのか。あれは2005年12月に、向こう1年分の仕事を割り振ってあったんやないか。よう知らんけど。柴田政宏(名古屋市の地下鉄工事で談合の仕切り役を務めたとされる大林組名古屋支店元顧問)が主体になって。

 それから少しして社長命令が下って(談合を)やめろとなった。大手ゼネコンによる「談合決別宣言」と言われるものだ。

 柴田にも責任はあると思う。談合をやめるよう仕切らんかったんやから。ただ、急にやめられない時もある。もう割り振っちゃったわけだ。だからマスコミで決別宣言後もまだやっているとか言うのは、それはちょっと違うと思うけど。

 我々は談合をする時、「やり取り」をするわけ。とりわけ土木の場合は、(計画から完成までの)時間が長い。例えばダムに絡む受注では3~4年先、時には10年先までの「やり取り」をする。つまり、この案件を譲る代わりに10年先の案件は頂こう、とか。

 名古屋では2006年2月、6月にも談合をやったと聞く。決別宣言後やけど「柴田さんが割り振ったんだから2月の分はウチがもらうよ」となり、6月に番が来た会社に対してやっぱりあかんとは柴田も言えなかったんやろう。「取り逃げ」が起こるからね。先に仕事を取った会社はいいけど次の番を待ってた会社は文句を言う。(仕切り役は)難しい立場に立たされがちや。

「地位と給料は保証するから」

 男は、名古屋市の土木工事には特別な事情があったと言う。彼の名刺には大手ゼネコン顧問の肩書があり取材場所は社屋の一室。大阪地区で建築工事を取り仕切ってきた。名古屋と違い大阪で談合は絶滅したと訴える。

 俺は柴田とは違う。決別宣言後は、きっぱりやめる指示を出した。2005年の年末のことやった。全社員に通達が来た。会社は決別宣言をしたから、(談合を)やめろとの内容だ。俺を含め部長以上が誓約書を書いた。

 年明け、つまり2006年の1月に入ると社長から直々に念押しされたよ。「今までの地位と給料は保証する。だからもう仕事はしてくれるな。遊んでいてくれ」って。

 「あと3カ月くらいやらせてもらわな、今までの経緯もあるし格好つかんですよ」と反論もした。それでもやめてくれと。そこまで言われたら…。何もこっちだって好きこのんでやってるわけやない。違法行為だからね。肩身は狭いさ。ヒヤヒヤしながらやってきたんだ。

 社長に会った数日後の1月7日。同業者が集まる新年互礼会があった。そこで俺はきっぱりと言った。「今までの約束も一切ご破算や、悪いけど。そうさせてもらうよ」と。ほかの大手は欠席だった。だから俺が代表する形で大手5社は(談合から)抜けると挨拶をしたわけだ。それから、「あとは、あんたたち残りの人たちが(談合をどうするか)決めたらいい」と伝えた。

 陰でブツブツ文句を言ってるやつがいるのは耳にした。何で大阪だけそんなに厳しくするんやとか、社長に言われるがままなのか、とか。でも挨拶後に会食の場があったけど、直接文句を言いに来るのは誰もおらんかった。俺が決めれば大阪はそうなる。一糸乱れぬよう仕切ってきたんやから。

 あくまでも結果としての話だが、2006年2月頃までの案件については、他社の案件を無理やりに取りに行く行動を控えた。4月頃からはよそさんのものを取る動きがワーッと始まったがね。

 名古屋の柴田も、経営トップと話をしたはずなんやけど。それでもなぜ突っ込んだのか。具体的にどんな事情があったかは分からん。

コメント22件コメント/レビュー

“談合は悪い”確かにその通りだと思う。しかし、建築、土木の世界では、新技術や色々な改革といったことを適正に評価されることがなく、折角当たらし技術を開発しても開発費を回収する間もなく“値切り”の餌食にされてしまう。ならば他人の技術を盗み、下請けを可能な限りたたき、少々の“交際費”を使っても確実に受注をするのが生き残りのベストの選択肢となる。官庁が技術開発への促進を図り、奨励策を出し、出てきた技術の正しい評価方法を確立し正しく努力する者が適正に生き残れるシステムを確立しなければ建築、土木業界にある様々な「問題」は更に悪質に潜行して行くと思うのだが。(2007/02/17)

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

“談合は悪い”確かにその通りだと思う。しかし、建築、土木の世界では、新技術や色々な改革といったことを適正に評価されることがなく、折角当たらし技術を開発しても開発費を回収する間もなく“値切り”の餌食にされてしまう。ならば他人の技術を盗み、下請けを可能な限りたたき、少々の“交際費”を使っても確実に受注をするのが生き残りのベストの選択肢となる。官庁が技術開発への促進を図り、奨励策を出し、出てきた技術の正しい評価方法を確立し正しく努力する者が適正に生き残れるシステムを確立しなければ建築、土木業界にある様々な「問題」は更に悪質に潜行して行くと思うのだが。(2007/02/17)

以前社内でマーケティング研修を受けた時に、私の同期がこの業界へ建材を売っており、講師(某大教授でこの分野で日本トップクラスらしい。)に、この業界に対してのマーケティングの手法の質問をしました。ところが、明るく学生に人気がありそうなその講師は、暫く黙り、沈黙の後に、非常にすまなそうに、「この業界だけが、唯一マーケティング理論が全く通用しない業界で、申し訳ないですが、良いアドバイスができません。」と仰りました。当時、会社にとっては新事業なので、業界内容を理解しておらず、当然、接待費増などを認める訳もなく、彼の業績はなかなか伸びず、赤字のままでした。仕事に悩んだあげく、後に彼は13年間いた会社を退社してしました。 そういえば、今は亡き父が、某ゼネコンの現場担当経理をしていて、「談合は日常の習慣。現場も丼勘定で、懐に現場ボーナスを入れたりする輩も結構いる(バブル期当時の話)。非常に汚い業界だから、建設業界と不動産業界には就職はするな。」と言っていたのを思い出しました。それほど、世間の常識が通用しない業界で、今もそうなのでしょう。   (2007/02/07)

国際競争力のない業界ほど、公平な競争を嫌がるものです。そういう腐敗した業界を正すには、外国企業の参入を促すショック療法もありだと思います。(2007/02/06)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授