• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

東京ガールズコレクションでモバイル通販体験

ゼイヴェルが仕掛ける「クリック&イベント」戦略

  • 川又 英紀

バックナンバー

2007年2月16日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 携帯電話を利用した女性向けのポータルサイト運営や衣料品の通販サービスを手掛けるゼイヴェル(東京都港区)は今、3月3日に横浜アリーナで開催するファッションイベント「東京ガールズコレクション」の準備に追われている。

図版

昨年9月に開催された前回の東京ガールズコレクションの様子(写真提供:Tokyo Girls Collection 2006 AUTUMN/WINTER)

 今回で4回目を迎える東京ガールズコレクションの最大の特徴は、蛯原友里や押切もえ、土屋アンナといった人気モデルが当日着た服を、その場にいながらにして携帯電話の通販サイトから購入できることだ。ファッションショーと携帯電話を組み合わせた「クリック&イベント」とでも呼ぶべき、新しいEC(電子商取引)の形態として注目されている。

 会場に詰めかける約2万2000人の若い女性たちは、ほぼ全員がいつでも携帯電話を持ち歩いており、当日はその携帯電話が会場内での「注文端末」になる。昨年9月に開催した第3回の東京ガールズコレクションでは、イベント当日から24時間以内に2300万円の売り上げがあったが、今回も同程度の売り上げが想定される。

 とはいえ、モバイル通販事業を統括するゼイヴェルの椋林裕貴プロデューサーは「当日の売り上げを伸ばすことばかりが注目されているが、本当の狙いはほかにある」と明かす。一番の目的を一言で言えば、東京ガールズコレクションの開催は「当社が運営するモバイル通販の『信用力』の向上が狙い」(椋林プロデューサー)である。

 椋林プロデューサーは「モバイル通販に積極的に見える若い女性たちであっても、まだまだ携帯電話で衣料品を買うことに抵抗を感じている人が大勢いる。当社が運営する通販サイトなら、安心して買い物ができるということを会場に来て体験していただきたい」と言う。モバイル通販に対する不安を一掃してもらうのに最も効果的なのは、「自分の目の前で同年代の女性たちがモバイル通販をしている姿を見てもらうことだ」。

 イベント当日は、おしゃれなファッションに身を包んだ同年代の若い女性たちが会場を埋め尽くすことになる。既に携帯電話での買い物に慣れている人なら、迷わずその場で「エビちゃん」や「もえちゃん」が着た服の注文を入れていくだろう。それを目の当たりにした周りの女性たちが「これなら私たちもモバイル通販にチャレンジできる」と思ってくれれば、しめたもの。実は東京ガールズコレクションの会場で、初めて衣料品のモバイル通販を体験する人も大勢いるのが実情なのだ。

コメント1

「日経情報ストラテジー発ニュース」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

プロフェッショナルとして、勝負どころで安易に妥協するなら仕事をする意味がない。

手嶋 龍一 作家・ジャーナリスト