• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ビクター再生はGE流?

米TPGが披露した「もう1つの案件」

  • 田中 成省,大豆生田 崇志

バックナンバー

2007年3月22日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「当初の入札予定は4社だったが、相場が上がり過ぎて2社が降りた。TPG? 気合入っているでしょう。圧倒的に高い価格を提示したとも聞いている」(ある投資ファンド)

 松下電器産業の子会社である日本ビクターの売却が大詰めを迎えている。3月9日に松下が実施した売却先の入札では、米投資ファンドのTPG(旧テキサス・パシフィック・グループ)と、米サーベラスが応札したとされる。

 米投資ファンド同士の一騎打ち。このうちサーベラスはビクターの経営陣と組み、MBO(経営者による企業買収)に必要な資金の出し手という立場を取った。単独でビクターに触手を伸ばしているのはTPGただ1社ということになる。TPGとはどのようなファンドなのか。

IBMパソコン買収に資金

多数の著名ブランドに出資

 TPGの設立は1992年。米サンフランシスコに本拠を置くファンドで、世界で3兆6000億円を運用し、その規模は世界5指に入る。過去の投資先は米外食大手のバーガーキングや同食品大手のデルモンテ、同コンチネンタル航空など50社強。2005年にはレノボグループによるIBMのパソコン事業買収に資金を出し、電機業界で存在感を高めた。

 日本で本格的に活動を始めたのは昨春。日本ではここ数年、企業に敵対的買収を仕掛けたり、株式の配当増を要求するファンドが目立つが、TPGは自らを「バリューアップ(価値向上)ファンド」と定義する。ブランド力の高い企業に投資先を絞り、経営陣と友好関係を結んでから投資を行う。

 世界で約120人の投資チームを抱えるTPGは、幹部の4分の1が事業支援の専門家。中でも「調達のお手本」と呼ばれる米ゼネラル・エレクトリック(GE)の出身者が多く、GE流の予算管理や資材購入、資本政策、人事管理術を習得した人材が経営ノウハウを提供できるのが強み。駐日代表の1人である津坂純氏は「3~5年かけて事業展開や再編を支援し、競争力を高めてから株式を売却する」と言う。

コメント2

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

大量陳列、大量販売というのがある程度限界にきているのかなと思います。

松﨑 曉 良品計画社長