• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

コカ・コーラ、心理学に着目して消費者を分析

飲料市場を「なぜ」でとらえるマーケティング展開

2007年3月20日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント3件コメント/レビュー

この文章からはサイコグラフィック属性によるマーケティングの中身がまったく分からない。したがってなんお役にも立たない。(2007/03/26)

「日経情報ストラテジー発ニュース」のバックナンバー

一覧

「コカ・コーラ、心理学に着目して消費者を分析」の著者

上木 貴博

上木 貴博(うえき・たかひろ)

日経ビジネス記者

2002年に筑波大学を卒業し、日経BP入社。「日経ビジネス」「日経情報ストラテジー」「日経マネー」編集部などを経て、2016年4月から現職。製造業を中心に取材中。趣味は献血(通算185回)。相撲二段。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

この文章からはサイコグラフィック属性によるマーケティングの中身がまったく分からない。したがってなんお役にも立たない。(2007/03/26)

記事を読んでも、競合しない理由が全くわからない。筆者だけわかっている記事を出してもしょうがないのでは。未消化感が残ります。(2007/03/20)

なかなか面白い話です。今後の記事では、このサイコグラフィック属性によるマーケティングの良し悪しを実証的に検証して頂けたらと思います。(2007/03/20)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授