• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

草間時代の“爆弾”が破裂

エプソンを赤字転落させた負の遺産

2007年3月28日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「昨年までは(収益を上げる)良い子だったが…」

株式上場を機に積極策に出たが …

 小型ディスプレー事業の不振で、2007年3月期は2期連続の最終赤字に転落するセイコーエプソン。3月14日、記者会見に臨んだ社長の花岡清二は無念さをにじませた。

 エプソンはプリンターメーカーのイメージが強いが、携帯電話用など10インチ以下の小型液晶は世界シェアでトップ3に入る。携帯ブームに沸いた2000~01年頃には60%という圧倒的なシェアを誇ったこともある。

 今期は406億円の特別損失を計上し、独自技術であるMD-TFD液晶(モバイル・デジタル薄膜ダイオード)から撤退。ディスプレー事業の解体とも言えるリストラを余儀なくされる。その理由については「年率3割という予想を超える価格下落の影響」を挙げるが、状況は他社も同じだ。

 エプソンを独り負けに追い込んだ“時限爆弾”は、実は2001年頃に仕込まれていたとの見方が強い。それは花岡の前任者である草間三郎(現会長)の時代である。

独断の買収・投資相次ぐ

 「1+1=2ではなく、3にも5にもなる」

 2004年3月24日、三洋電機と液晶事業を統合した三洋エプソンイメージングデバイス(当時)の設立会見に臨んだ草間は三洋社長(同)の桑野幸徳を見やりながら、胸を張った。

 低価格のカラーSTN液晶を中心に携帯に強いエプソンと、高精細なアモルファスTFT(薄膜トランジスタ)液晶でデジタルカメラに強い三洋。両社の協業で事業規模と用途を一気に拡大するというシナリオだ。

 「いい話じゃないか」

 会見の半年前、銀行関係者を介して統合話を持ちかけられた草間は二つ返事で統合を決断したという。統合で事業規模は3600億円程度まで拡大する。持たざる技術を相互補完できる効果もあると目論んだ。

 社内には、鳥取三洋電機など生産性の高くない工場を抱え込むことを不安視する声も当然あった。それでも桑野と意気投合し、前のめりになっていた草間の耳には届かない。

 「はっきり言えば草間さんの独断。『ああ、またか』という諦めともつかない空気があった」

 かつてエプソンで、ディスプレーを含む電子デバイス事業を率いたOBは重たい口調で振り返る。「またか」とは、以前にも周囲が危ぶむ提携、買収を草間主導で進めていたからだ。

 典型的なのはエプソン鳩ケ谷(埼玉県)のケース。2000年7月に業績不振に苦しむ日本テキサス・インスツルメンツ(TI)から約20億円で買収した液晶ドライバーの主力工場だ。

 TI時代からTFT型の液晶ドライバーを製造し「電子デバイス事業とのシナジーがある」とされた。だが、ここはTIが日本に設けた最初の工場。老朽化は誰の目にも明らかだった。日本TI社長(当時)の生駒俊明が「工場を従業員ごと引き受けてくれる相手を探すのに苦労した」と語るほどの“オンボロ工場”を反対を押し切って買い取った。

 周囲の懸念は的中する。本体の収益に全く貢献しないまま、2002年10月に会社は消えてなくなった。

コメント5

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「草間時代の“爆弾”が破裂」の著者

安倍 俊廣

安倍 俊廣(あべ・としひろ)

日経デジタルマーケティング編集長

1990年東京工業大学卒、同年日経BP入社。「日経コンピュータ」「日経情報ストラテジー」「日経ビジネス」で記者。「日経ビジネスアソシエ」副編集長、「日経デジタルマーケティング」副編集長などを経て、2015年7月から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

現在の携帯電話は、昔の電話と比べて100倍豊かでしょう。クルマもきっとそうなります。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO(最高経営責任者)