• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

吉野家 安部修仁社長が語る「逆境の経営学」

革新と革新のための挑戦の先にあるもの

2007年3月27日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

(写真:村田 和聡)

 「少子化、人口減でも成長は可能」。吉野家ディー・アンド・シー社長の安部修仁氏(右写真)は、よどみなく語る。1980年の倒産からの再建、そして2年半に及ぶ牛丼の販売休止と2度の地獄から復活してきただけに、今後日本企業に襲いかかる逆境も心配する素振りはない。

 昨年9月から段階的に進めてきた牛丼販売の再開は、今年3月には昼食時限定から深夜0時まで延長と、順調に回復を進めている。安部社長はこれからの吉野家の経営を持ち株会社化によるグループ経営の強化と、逆境の克服から攻めへと軸足を移す。

 「外からの攻撃で組織は崩れない」「オリジナリティーは、そのものよりも、そこに至る挑戦と革新が重要」。2度の危機を克服して磨いた安部社長の経営哲学を、日経ビジネスでは8回にわたり連載、その後、大幅に加筆して書籍『吉野家 安部修仁 逆境の経営学』(2007年3月刊)にまとめた。出版を記念して、都内のホテルで開催した安部社長の講演のハイライトをお届けする。

(日経ビジネス 戸田 顕司)

外からの攻撃で組織は崩れない

 メンタリティーの部分、観念の部分――。かつて1980年の倒産の後の再建なんかもそうでした。だいたい壊れる時、あるいはダメになる時というのは、古今東西すべてそうでしょうけれど、すべて内側からの崩壊によって死滅に至る。このことは、例外なくそうであろうと思います。

 外部からの攻撃とか外圧、外側からのエネルギーとか圧力は、内側が結束のエネルギーを高めるための触媒にはなっても、それで壊れるようなことは本当はない。外側からの攻撃や圧力が作用して、結果的に内側が壊れることはあるかもしれない。けれども、その場合に内側が崩れるのは、外側からの圧力に「方策がない」「据えるべき課題がない」「課題の共有がない」という時です。

 その時の当事者は、他人によってダメにされたというふうな被害妄想に陥るかもしれない。それは1つの作用にすぎないわけです。状況を踏まえて、「我々は何をしなければいけないか」ということさえ、きちんとしていれば、稚拙であっても真っ当に活動していれば、ダメな政策はダメな結果が出てくるから、その時に迅速に修正すればいい。そのことの連続で、間違いなくクリアできると思っております。

どんな環境でも、自らを成長させる道はある

 外食業界も少子化、人口減、単純に見る限りはマイナスのリスク要素ばかりです。しかし、多分これまでもそうであったように、今後もそうは言ったって、分野分野で伸びてくるところ、その中で急速成長するところ、上に取って代わるところ、という動きや転換が必ず起こってくるわけです。

 したがって、それぞれのところが、環境をきちんと把握して近未来の変化を察知しながら正しく適応していくかぎり、間違いなく、どういう環境、状況であっても、その中から自らを成長させていくことは可能です。このことは、分野、環境、時代を問わないと思います。

着想だけでオリジナリティーは作れない

 オリジナリティーというのは大変大事にする価値です。オリジナリティーには、そこへ至るための挑戦と革新というのが不可欠なんです。

コメント8

「NBニュース」のバックナンバー

一覧

「吉野家 安部修仁社長が語る「逆境の経営学」」の著者

戸田 顕司

戸田 顕司(とだ・けんじ)

食ビジネス シニアリサーチャー

「日経パソコン」「日経ビジネス」の記者、「日経ビジネス」兼「日経ビジネスオンライン」「日経トップリーダー」の副編集長、「日経レストラン」編集長などを務め、2016年3月より現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員