• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

アジア通貨危機から10年目の警告

虎視眈々と危機の再来を待つプレデターたち

  • 竹中 正治

バックナンバー

2007年3月28日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 1997年7月、タイの通貨バーツ相場の急落で始まったアジア通貨危機から今年で10年目を迎える。

 アジア通貨危機は中南米、ロシアなど世界に伝播し、日本を含む先進国の金融、資本市場に強い衝撃を与えた。その後、世界経済は2001年のIT(情報技術)不況を乗り越え、日本を含め景気の回復と経済成長が続いている。

 しかし、新しい通貨・金融危機、あるいは市場激震の兆候はないだろうか? 筆者は短期的状況には楽観しているものの、中長期的には世界の通貨・金融市場に「地震を起こす地殻の歪み」が蓄積していると思う。

自由化と規制の政策不整合が作り出したアジア金融危機

 それを見抜くために、まず10年前に通貨・金融危機が起こった原因を振り返っておきたい。

 1990年代、ASEAN(東南アジア諸国連合)諸国では日本をはじめとする先進諸国からの直接投資をテコに高度成長が続いていた。IMF(国際通貨基金)などの政策推奨に従って、国境を越えた資本移動の自由化政策を押し進めていたのである。

 直接投資ばかりではない。株式や債券への投資や海外からの短期銀行借り入れなど、短期性資金の移動も自由化した。短期性資金とは環境次第で、文字通り短期で流出、あるいは流入する「足の速い資金」である。

 そうした自由化政策の一方で、各国通貨については完全な自由変動相場制ではなく、ドルに対して固定性の強い管理変動相場制を堅持していた。ASEAN諸国では、貿易が経済に占める比重が極めて高いことが一因である。また、高度成長を謳歌していたこれら諸国の金融市場では、国内の資金需要が旺盛で、国内金利は米ドル金利よりもずっと高い状態にあった。

 そのため、ASEAN諸国の企業や金融機関の多くが国内での資金調達よりも金利の低い海外から短期のドル建て借り入れを増やし、自国通貨に転換して使用するようになったのは自然の成り行きだった。こうして、ドルで借り入れ(短期ドル債務の増加)、自国通貨に転換する(自国通貨資産の増加)という財務上のリスクポジション(ミスマッチ)が、空前の規模に積み上がったのだ。

 このことは、万が一、自国通貨の対ドル相場が急落するようなことがあれば、巨額の為替損失が生じることを意味していた。もちろん、彼らが為替リスクを承知していなかったわけではない。しかし管理変動相場制が採られていたので、為替リスクよりも金利格差のメリットの方がずっと大きいという判断が大勢を占めたのである。

ヘッジファンドの介入を招いた当然の帰結だった

 この状況に目をつけた投機筋が、一部のヘッジファンドである。97年春、彼らはタイの通貨バーツに外為市場で巨額の「売り」を浴びせた。当初、タイ政府はバーツ買い・ドル売り介入で、投機的なバーツ売りに対抗した。しかし政府がドル売りを行うための外貨準備には限りがある。ついに政府がバーツ相場を支えきれなくなり、タイ・バーツは急落した。

 同様のことが、インドネシアのルピア、マレーシアのリンギットでも起こった。

 企業は既に多額のドル債務を抱えていたが、自国通貨の下落による為替損失を食い止めるためにはドル買い・自国通貨売りをするしかない。その動き自体が自国通貨の相場下落に拍車をかけるという悪循環に陥った。

 これがASEAN諸国の通貨相場が暴落したメカニズムである。この崩壊の連鎖に巻き込まれた現地企業の多くが、巨額の為替損失で債務超過に陥り、銀行借り入れは返済不能となった。そして、一気に信用危機、金融システムの危機へと発展した。

 人間は一度不安心理にかられると、直接関係のないことまで不安の対象が拡大するものだ。国際的に活動する投資家や金融機関も同様である。彼らは抱えるリスクを縮小するために、ほかの発展途上国への投資や融資の回収に走った。その結果、それらの国はクレジットクランチ(信用収縮)に襲われ、金融危機はフィリピン、韓国、香港、台湾、さらには中南米、ロシアにまで広がった。

 まるで疫病のように金融危機が世界中に伝染したのだ。ロシアの高金利国債に投資していた欧米のヘッジファンドや投資家、ロシアの銀行は、ロシア国債と通貨ルーブル相場の暴落で巨額の損失を抱えた。米国の巨大ヘッジファンドLTCM(ロング・ターム・キャピタル・マネジメント)も破綻した。

 「ファンド悪玉説」が通り相場だが、むしろ、アジア通貨危機は間違った金融政策によって引き起こされたと言った方が正しい。

 ASEAN諸国政府は、内外の資本移動を自由化した以上、外為市場でも完全な自由変動相場制を採用すべきだった。そこに、金融政策上の不整合が生じていたのだ。逆に言えば、固定的な相場制度を維持するのであれば、内外の資金移動を規制しなければならない。これは国際金融論の基本的な知見である。中国ではドルに対する固定相場制と資本移動規制を実施していたため、国内への危機の波及を遮断することができたのは、そのことを証明している。

コメント14

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員