• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

統一地方選を変えるマニフェストの威力

北川正恭、中田宏、福嶋浩彦らが地方自治の転換点を語る

  • 水野 博泰

バックナンバー

2007年4月6日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 3月24日、「分権時代のローカルマニフェスト─統一地方選で問われるもの─」(主催:マニフェスト評価機構)と銘打ったシンポジウムが東京都内で開催された。

 キーノートスピーカーとして、竹中平蔵・慶応義塾大学教授(前総務大臣)、パネリストとして、北川正恭・早稲田大学教授(前三重県知事)、中田宏・横浜市長、福嶋浩彦・前我孫子市長が参加。松原聡・東洋大学教授(マニフェスト評価機構理事長)の司会で、今回の統一地方選について議論した。

 ここでは、北川、中田、福嶋の3氏のマニフェスト論を紹介する。竹中、松原の両氏の論については、3月19日、20日に掲載した対談記事を参照いただきたい。また、シンポジウムで提言された「ローカルマニフェスト作成指針」は、マニフェスト評価機構のウェブサイトで入手できる。 (写真:陶山 勉)


コメント1

「NBニュース」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

グローバル市場でいい仕事をしたければ、まず「世界に通用する見識」を磨くことだ。

中谷 巌 「不識塾」塾長、一橋大学名誉教授