• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

創業家追放で笑うのは?

濡れ手で粟のGS、三井住友は止められず

2007年4月11日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「会社の社長が辞めさせられるなんて、普通の常識では考えられないですよね。(中略)先頭に立って、戦えないのが無念です。本当に悔しい」

 創業者の血を引く三洋電機の井植敏雅は3月30日、社内メールで長文のメッセージを残し社長の座を去った。

 「会長(野中ともよ)の正義感や私の情熱や戦略は最も嫌がられる状況下だった」。敏雅はメールの中で辞任の理由をこう説明している。野中の正義感や敏雅の情熱を嫌ったのは、三洋電機の大株主である金融3社。急先鋒は米ゴールドマン・サックス(GS)である。

三洋クレで割り込み

 「金融3社が自分を切ろうとしている」。危機を感じた敏雅は、この数カ月の間に金融3社以外の国内の大手銀行に駆け込み、出資を仰いだとされる。 「GSの影響力を弱めるために、第三者割当増資を画策した」と社内の関係者は証言する。

 皮肉である。3000億円の増資が決まりかけた2006年1月、1株70円という屈辱的な条件を知った敏雅の父、敏は、野村証券に駆け込み、増資案をひっくり返そうとしたが、金融3社に押し切られた。親子はともに土壇場であがいたが流れには逆らえなかった。

 井植親子が逆らおうとしたのは短期で巨額の鞘を抜こうとする「市場の論理」であり、その象徴がGSだった。

 本誌はその非情さを示す資料を入手した。2005年10月、米ゼネラル・エレクトリック(GE)が三洋電機に提出した「三洋電機クレジットに対する買収提案」である。

 この時点で三洋電機は三井物産と交渉していたが、実はGEも名乗りを上げていたのである。だが、最終的に三洋クレを手に入れたのは物産でもGEでもなく、最後に割り込んだGSだった。

コメント40件コメント/レビュー

NHKのドラマ「ハゲタカ」を彷彿とさせますな。GSも別に押し入り強盗ではないですからねぇ。弱みにつけ込んだと言えますが。従業員が悲哀を味わうのは辛いことです。(2007/04/18)

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「創業家追放で笑うのは?」の著者

大西 康之

大西 康之(おおにし・やすゆき)

ジャーナリスト

日本経済新聞産業部記者、欧州総局(ロンドン)、日経ビジネス編集委員、日本経済新聞産業部次長、産業部編集員などを経てフリーのジャーナリストに。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

NHKのドラマ「ハゲタカ」を彷彿とさせますな。GSも別に押し入り強盗ではないですからねぇ。弱みにつけ込んだと言えますが。従業員が悲哀を味わうのは辛いことです。(2007/04/18)

営業研修で同じグループだった社員の一人は講師にいびられて休職。何とか卒業し、営業に再配置された社員もまた、慣れない仕事で無理が祟って身体を壊す人や、そのため出戻り後仕事がなく、通称タコ部屋勤務になった人が結構いる。中にはパッタリ倒れてそれっきりになってしまった人も。私の同僚は販売で無茶なノルマ(生前の彼の証言によると、例えばベテランが50台売った掃除機を100台など)を課され、真面目な奴だったから真に受けて悩み、奥さんとまだ幼い子供3人を残して自殺してしまった。葬式でかけるべき言葉が思い浮かばなかった。その時は、自分もまた社外就労で同僚のことを考えている心の余裕が無かった。どうしてもっと親身になって聴いてやれなかったのか。この後悔は私の一生について回るだろう。ひとつ言えることは、同僚のように、どう考えたって営業には向かない人たちまでもが、その研修に送り込まれていたという事実である。(2007/04/16)

三洋電機ヤクザ研修。いったい、この奇怪な研修で何人の社員が人生を狂わされたであろうか。三洋の成長を支えてきた製造関係者だけでなく実は本社関係などの間接部門の社員も餌食になっていたのだ。製造部門だけから研修送りは不公平との声が組合本部に届いた。虐待する社員を本社支部で調整し、人事部より研修命令が届く段取りとした。請け負った三洋ヒューマンネットワークに出た指示は「死者が出てもいいから辞めさせろ」に等しい内容だった。組合(堀口氏)は目をつぶった。研修の現場では信じられないような嫌がらせが行われた。まるでナチスに捕虜になった兵士がリンチを受けているような光景を目撃した。毎晩、塩屋には悲鳴や呻き声とすすり泣きが聞こえていた、会社は受講者の精神を崩壊させるのが目的だったと聞いた。皆、家庭を持ち、親として家族に対して責任ある40代50代の父親、母親であった。(2007/04/14)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員