• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

人口減ニッポン~2030年からの警告(1)

「退職」という言葉が死語になる日

2007年4月12日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本は「人口減少の世紀」を迎えた。総人口のピークは2004年だった。政府の予測より2年も早く到来した人口減少社会。

 2006年は景気上昇による雇用情勢の好転も手伝って、若者層の結婚件数が増え、一本調子の減少傾向にもいくぶん歯止めがかかった。だが、それでもこれから数十年間は減少トレンドを変えようがない。

 日本は西暦2050年に8000万人台、2100年には4000万人台の小国に成り下がってしまうことが、半ば運命づけられている。冗談のような話だが、今の少子化傾向がずっと続くと仮定すると、日本の総人口は西暦3400年にはゼロになると推計されている。

 人口減少が及ぼす経済や社会への影響は、計り知れないほど大きい。ただ幸いなことに、これから10年程度は人口減少のペースはまだ緩やかだ。その間に経済、財政や税制、年金や医療など人口に大きく左右される日本のシステムをリフォームしなければならない。同時に、底なしの様相を呈する出生率の低下になるべく早く歯止めをかけるべく、政策総動員をかけることが不可欠だ。二正面作戦で立ち向かわなければ、とても歯が立たない。

 その作戦では高齢化のピークである2030年が1つの目標になる。戦後生まれの「団塊の世代」が80歳を超え、その子供の世代に当たる団塊ジュニアの1期生が60歳に差しかかるという「難所」の年なのだ。それまで、あと20年強。2030年が「今」を生きる私たちに発する警告を解き明かしていこう。

50歳以上の米国人3800万人が加入するお化け団体が一大方向転換

 ビル・ノベリ氏という米国人を知る人は日本にほとんどいないだろう。65歳、眼鏡の奥に優しい瞳がのぞく初老の男性である。米国のNGO(非政府組織)であるAARPの最高経営責任者(CEO)である。

 ペンシルベニア大学を卒業後、石鹸やシャンプーなどで有名なユニリーバを経て、平和部隊の広報責任者などを務めた。その後、自ら広告代理店を設立し、「20世紀の最も影響力のある広報専門家100人」に列せられたこともある。1990年以降は仕事の舞台を公的な領域に移し、タバコの広告から子供を守る運動に携わった後、2000年にAARPに入った。

 AARPとはどんな組織か。ひと言で表すと、50歳以上の米国人なら誰でも会員になれるNGOだ。現会員数は3800万人。米国の総人口の実に13%、50歳以上人口の半数弱が入会している、お化けのような組織である。

 AARPはもともと「米国退職者協会」(American Association of Retired Persons)の頭文字だった。半世紀前、エセル・パーシー・アンドラスという高校の校長だった女性が創設。年金や医療保険など社会保障制度が恵まれていなかった当時の退職教師の互助会的な組織として活動を始めたようだ。

 しかし、ノベリ氏は「いまや、われわれは退職者協会とは決して名乗らない。あくまでも“AARP”である」と言う。そのココロは?

「アーリーリタイアメント」から「新創造」へ労働観が変化

 実は、3800万会員のうち半数強が何らかの仕事に就いている。「retire(引退、退職)」という語は実態を表していないのだ。しかも50歳になれば会員になれるので、必ずしも「高齢者」の集まりでもない。会員の特典は買い物をする時に様々な割引が受けられることだ。その対象は自動車、国内・海外旅行、豪華船クルーズなど幅広い。会員向けに人気歌手を呼んで華やかなコンサートを開くこともある。ゆくゆくは国際的な会員カード網を広げていきたいと、ノベリ氏は考えている。

コメント26件コメント/レビュー

日経の他のマスコミとの違いは、経済を始めとして、理性的、数理的に対応する読者が多いものと思っていたが、残念ながらそうではないようだ。かなり感情的に中国人、韓国人、在日などのアジア系の人間及びこれに関連する事柄に激しく反発し、冷静な議論が出来ていない。学問もそうだ。歴史学、国語学にしたところで、まともな解析がなされていない。奈良の飛鳥古墳があそこまで損壊させたのは何故なのだ。あの壁画は朝鮮半島の古墳に見られる壁画、中国の敦煌洞窟の壁画と共通する文化がある。渡来したのは文化だけではなく、人間も少なくない。いまさら多いの少なくないと云ったところで、日本だけ特別など云うのであれば、それはアドルフ・ヒトラーのセリフだ。(2007/04/17)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

日経の他のマスコミとの違いは、経済を始めとして、理性的、数理的に対応する読者が多いものと思っていたが、残念ながらそうではないようだ。かなり感情的に中国人、韓国人、在日などのアジア系の人間及びこれに関連する事柄に激しく反発し、冷静な議論が出来ていない。学問もそうだ。歴史学、国語学にしたところで、まともな解析がなされていない。奈良の飛鳥古墳があそこまで損壊させたのは何故なのだ。あの壁画は朝鮮半島の古墳に見られる壁画、中国の敦煌洞窟の壁画と共通する文化がある。渡来したのは文化だけではなく、人間も少なくない。いまさら多いの少なくないと云ったところで、日本だけ特別など云うのであれば、それはアドルフ・ヒトラーのセリフだ。(2007/04/17)

2030年にはロボが介護をと言われる方もいて面白いですな。現実的ではないですけど…。唯でさえエネルギーや資源問題で危なく成りそうなので、そのロボを養う(開発・生産・補修・燃料供給・資源採掘)事と、こなれた自動車でさえあの値段なのにそんなハイテク機器(事故があれば医療並みに酷い賠償問題が)というかなりミッションクリティカルな物だと今の価格で1億相当とか笑えない事になりそう。動けない体の変わりに機械の手足だとしてもどの道金持ちにしか無理では。エネルギー問題などからして世界的には人口過剰だとしても今の日本のような減少の仕方ではまずいでしょ。で、同時に世界のどこかでは逆に増える勢いとかもアンバランス。(2007/04/14)

よく外国人労働者や移民をいれろとおっしゃいますがもう、とっくの昔に大量に来ていますよ!不法入国、不法滞在という形で。それに気がつかない人達はよっぽどお気楽な人達ですね。日本の街には中国語が溢れています。そしてますます治安が悪くなる。そして日本人は移民の多い国がどういう国か、にも気がついていない。 と、いうかまるで無知、知らない。うちわもめの激しい、まとまりの悪い、面倒な国なのですよ。  在日韓国人などみていてもわかるでしょう。(2007/04/14)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員