• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

セリア、100円ショップ業界初のITで躍進

リアルタイムPOSと推奨発注システムを導入

  • 川又 英紀

バックナンバー

2007年4月19日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 100円ショップ「Seria生活良品」などを800店以上展開する業界3位のセリアが、100円ショップ業界の先端を走るIT(情報技術)活用で、既存店の業績を上向かせている。2005年3月末には約600店あるすべての直営店に「リアルタイムPOS(販売時点情報管理)システム」の導入を完了。そこから集まるPOSデータを利用して、店舗に並べる商品を本部が推奨発注する「発注支援システム」を2006年9月に稼働させた。これらのシステムが直接、セリアの業績に貢献し始めた。

図版

100円ショップ「Seria生活良品」の店舗

 リアルタイムPOSシステム、発注支援システムともに業界初の全店導入事例だが、陣頭指揮を執る岩間靖取締役業務部長は「リアルタイムのPOSデータを使うことで、100円ショップという価格均一の特殊業態に一番適した発注の仕組みを構築できた」と自信を見せる。

 実際、結果が出始めている。発注支援システムが稼働した後、2006年12月から2007年3月まで直営店の既存店売上高が毎月、前年同月を上回っている。店頭でのリアルタイムの需要を正確にとらえ、そこから上がるPOSデータを本部が集計して、次の商品発注量の「推奨値」を各店舗に提示する発注支援システムのおかげで、既存店の品揃えが改善。店舗の活性化に成功した。2007年3月期の決算は増収増益になる見通しで、過去最高益を更新するのはほぼ確実だ。

POSシステムがなかった100円ショップ業界

 100円ショップ業界は、最大手の大創産業(ダイソー、広島県東広島市)と業界2位のキャンドゥが長年、POSシステムの導入を見送ってきた。そういう意味では、100円ショップはコンビニエンスストアやスーパーとシステム環境が大きく異なっていると言える。両社がPOSシステムの導入に動き出したのは、つい最近のことである。

 一方、業界3位のセリアは上位2社と一線を画し、2004年に業界の先陣を切って、POSシステムの全店展開に踏み切った。ITで上位2社との差異化を図ったのだ。しかも、当時としては極めて珍しく、システム構築を担当したNECさえ一時は二の足を踏んだ、ネットワークにインターネットを利用したリアルタイム処理のPOSシステムの構築を断行。リアルタイムPOSの導入という意味では、小売り全体の中でも一気にIT先進企業に躍り出た。

コメント0

「日経情報ストラテジー発ニュース」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員