• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

人口減ニッポン~2030年からの警告(2)

もう、「痛み」から目を背けられない

2007年5月10日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 少子化、高齢化、総人口減少という「三重苦」に日本が直面しているという事実は既に語り尽くされている。しかし、この問題を克服するための思い切った方策はまだ打ち出されていない。先送りできる問題ではないのにもかかわらず、動きはあまりにも緩慢で遅い。

ドイツは税率と年金支給開始年齢の引き上げを断行

 同じ問題に直面する国の中には、着々と備えを固めているところもある。

 例えば、かなりの勢いで高齢化が進み、総人口が減少に転じたドイツでは、今年から付加価値税率を16%から19%に引き上げた。

 付加価値税は日本の消費税に当たる基幹税目だ。欧州連合(EU)の国の多くは付加価値税を採用しており、その平均的な水準が19%である。EUの財政規律を定めたマーストリヒト条約は、加盟各国に毎年の財政赤字のGDP(国内総生産)比率を3%以下にするよう要請している。この水準を満たしていなかったドイツは、連立政権の合意として付加価値税率の引き上げを決めた。

 さらに、ドイツ連立政権は公的年金の支給開始年齢を現在の65歳から2012年以降、段階的に67歳に引き上げる方針を決めた。年金財政の悪化をくい止めるための苦肉の策だ。

 特筆すべきは、付加価値税の増税に対しても年金支給開始年齢を引き上げることに対しても、ドイツ国民の多くが最後は得心したという事実だ。増税には6割強の国民が反対だったという世論調査の結果もあるが、連立政権はなぜいま負担増が必要なのか、説明と説得を厭わず、強い意志をもって引き上げを決断した。人気取りの政策に走らなかったのだ。現世代のドイツ人は次の世代のために「痛み」を分かち合う道を早々と選択したということである。政治の指導力と国民各層の次世代に対する豊かな想像力の結果だろう。

まともに議論さえできない日本の空気

 日本はのんびりしたものである。

 加速度的な少子化と高齢化によって公的年金の財政状況がより逼迫することが明白な日本こそ、年金支給開始年齢の引き上げは避けて通れない道ではないか。しかし、その弊害が表面化するのは数十年先だ。今そこにある危機ではないことをいいことに、この問題に向き合うことを避けようとする勢力が存在する。

 日本では現在、厚生年金の支給開始年齢を60歳から段階的に65歳に引き上げている途上にある。2025年に男性が65歳に完全移行し、女性は5年遅れの2030年から65歳支給になる。小泉純一郎前首相は在任中、年金制度改革の議論の際に支給開始をさらに遅らせる案に言及したことがある。だが自民、公明両与党の厚生族議員などの猛反対に遭い、すぐに引っ込めた。議論することさえ封じる空気が満ちているのだ。

コメント38件コメント/レビュー

基本的な見解には大賛成である。ただ、「人口減社会容認論の無責任」というより、将来展望の甘さ・分析力の低さに問題があると思う。それ以上の問題は、人口減問題に対する世論の無関心さではないだろうか?(2007/06/04)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

基本的な見解には大賛成である。ただ、「人口減社会容認論の無責任」というより、将来展望の甘さ・分析力の低さに問題があると思う。それ以上の問題は、人口減問題に対する世論の無関心さではないだろうか?(2007/06/04)

ちょっと違うと思います。既出のコメント> 自分たちの世代の借金を負担するのは次の世代であるなんてシレっと言われては、ってホントそう。今子供産んだとして、将来その子達にどれだけの負担をこの国は負わせるつもりなんだろう、と考えるとわが子を産む気にはなれない、そういうことなんですよ。おじさんたち、分かりますか?若い女性にとって子どもを産まないことが今の政治にNOを訴えるためには最大の効力を持つんです。選挙で一票投じるよりもよっぽど効果がある。無責任は誰か、これまで責任を取ってこなかった大勢の権力者たちでしょう。人口減が問題なのではなく単なる現象に過ぎない、この本質は何か。そういうことについてもっと深堀りした議論をし、次世代に負債を残さない政策を求めていきましょうよ、論説委員さん。 (2007/06/01)

年金の財源問題や長期債務について、人口減少容認論は無責任であるとおっしゃっていますが、本当に無責任なのは誰なのでしょうか。本当に責任があるのはそうした長期の債務を垂れ流し、税金を無駄にして来た連中でしょう。現在の日本の状況を鑑み、子供を生む事を躊躇う若者たちでは絶対にないでしょう。自分たちの世代の借金を負担するのは次の世代であるなんてシレっと言われては、子供を作って育てていく気なんて起きないでしょう。こうゆうのを無責任な発言と言うんじゃないでしょうか。(2007/05/21)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長