• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ITの07年問題は“逃げ水”

全日空などシステム障害、対応には限界も

2007年6月6日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 企業が情報システムの障害を防ごうと思って対応しても、次から次へと問題が発生し、まるで“逃げ水”のように解決への道が遠のいていく――。全日本空輸やNTTで5月下旬以降に相次いで起こった情報システムの大規模トラブルは、IT(情報技術)の複雑性と人力の限界が抱える問題の根深さを浮き彫りにした。

全体つかめぬガラス細工

インフラの障害が相次ぐ

 障害が起きたのは、全日空国内線の予約・発券・搭乗手続き業務を処理する大型コンピューターシステムと、NTTの通信・通話サービスであり、一見すると両者に共通点はなさそうだ。だが、実は障害を起こした直接のきっかけも、解決が難しい根本的な要因も同じと言ってもいい。

 直接のきっかけは、通信関連機器の交換作業だ。全日空では大型コンピューターと操作端末の接続を担うシステム機器の一部を交換、NTT東日本は通信サービス「Bフレッツ」などを支える4000台のルーター(経路制御装置)のうち1台だけ部品を交換したら、システム全体にトラブルが波及した。IP電話の「ひかり電話」でも交換作業にミスがあり、東西のNTTの間で通話が不通になった。

 一部の交換だけで、なぜシステム全体が止まってしまうのか。根本的な原因は、システムの複雑化が進みすぎた点にある。全日空も、NTTも、多種類のコンピューターを組み合わせて1つの大きなシステムを構成している。様々なソフトウエアが搭載され、それらが互いにデータをやり取りしているため、一部の機器の不具合が全体に波及するリスクが常につきまとう。例えて言えば、現在の情報システムは、複雑な形状をしたガラス細工のようなものである。

コメント5件コメント/レビュー

この記事を読んで記者が問題の本質をどのように感じているのか、違和感を感じる。そもそも、ITの07問題とは何か。団塊の世代の退職がIT業界に与えるものを、その業界で働いている人間としては、全く感じることができない。何かしか、○○年問題として、問題にしたがるマスコミの作為的なものを感じずにはいられない。また、今回のシステムトラブルの本質は、本当に多種類のコンピューターを組み合わせて1つの大きなシステムを構成しているせいなにか。私にはそうは思えない。ルータにしてもソフトウェア開発にしても、自ら開発を行うことを放棄し、委託やアウトソーシングに頼った結果のSEの育成不足なのではないかと思われるのである。(2007/06/11)

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「ITの07年問題は“逃げ水”」の著者

谷島 宣之

谷島 宣之(やじま・のぶゆき)

日経BP総研

一貫してビジネスとテクノロジーの関わりについて執筆。1985年から日経コンピュータ記者。2009年1月から編集長。2015年から日経BP総研 上席研究員。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

この記事を読んで記者が問題の本質をどのように感じているのか、違和感を感じる。そもそも、ITの07問題とは何か。団塊の世代の退職がIT業界に与えるものを、その業界で働いている人間としては、全く感じることができない。何かしか、○○年問題として、問題にしたがるマスコミの作為的なものを感じずにはいられない。また、今回のシステムトラブルの本質は、本当に多種類のコンピューターを組み合わせて1つの大きなシステムを構成しているせいなにか。私にはそうは思えない。ルータにしてもソフトウェア開発にしても、自ら開発を行うことを放棄し、委託やアウトソーシングに頼った結果のSEの育成不足なのではないかと思われるのである。(2007/06/11)

ベテラン情報システム要員がIPやオープンシステムといった次々現れる技術にまったく対応できてないこと、彼らが業務フローに従順すぎて複雑なシステムにしてしまったことが、このようなトラブル発生の要因なのでは?一方、中堅や若手情報システム要員が、複雑な業務システムを理解していないし、ベンダーは昔のように全責任を負っていないのでわかるはずもない。このままではさらに大規模障害が発生するだろうというのだけは間違いなし!(2007/06/06)

数年前に、色々なメーカが言っていた、eLiza、VALUMOって、どうなっているんでしょうか。メーカの宣伝では、この当たりが解決策だったようですが、、、わたし個人としては、もっとユルいコンピュータが出来てほしいです。未だに数ピットの化けで停止したり、異常動作をするのは、考えを変えてほしい。人間だって、がん細胞を抱えながら、脳梗塞しても、その場所を迂回して生き続けますよね。(2007/06/06)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長