• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「三菱ジェット」正念場

エアショーで航空会社に必死のアピール

2007年6月20日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 三菱重工業が手がける国産初のジェット旅客機「MRJ(ミツビシ・リージョナル・ジェット)」の開発プロジェクトが正念場を迎えている。

立ちはだかる「3つの壁」

国産初のジェット旅客機「MRJ(ミツビシ・リージョナル・ジェット)」
エアショー出展予定の客席模型

エアショー出展予定の客席模型。薄型シートを開発し、他社機に比べて座席空間を広げた

 三菱重工は6月18日にパリで開幕する国際航空ショー(エアショー)にMRJの客席の実物大模型を出展する。世界の航空関連メーカーが技術や製品をアピールするエアショーで、MRJに対するエアライン各社の反応を探り、今年度末をメドに事業化の可否を決定する。エアショーでの評価いかんによってはプロジェクトを中止する可能性もある。

 国産プロペラ機「YS-11」が昨年秋に引退したことで、「日の丸ジェット」の実現は官民を挙げた悲願となっている。航空畑出身の西岡喬・三菱重工会長がこの4月、「2期4年」という在任期間の不文律を破って留任したことにも、MRJに対する同社の強い思い入れがにじむ。ただ、MRJの開発費は約1200億円にも上り、350~400機が売れなければ元が取れないと予測されるだけに、事業化の決断は慎重にならざるを得ない。

 三菱重工のある首脳は「事業化には3つの大きな課題がある」と打ち明ける。その3つの課題とは「国内での数十機から100機程度の先行受注の確保」「機体保険料の負担削減」と「国による支援獲得」。これらは航空機の新規開発にほぼ共通する課題だが、三菱重工にとっては、中でも先行受注の確保が頭の痛い問題となっている。

需要急増が見込まれるが…

 航空機の開発には莫大な開発費がかかるため、メーカーは完成前にエアライン各社からある程度の注文を取る。日本航空機開発協会によると、MRJクラス(70~90席程度)の中・小型機の新規需要は、2026年には世界で4899機に拡大するという。三菱重工としては、まず国内販売で信頼を勝ち取り、その追い風に乗りたいところだが、肝心の日本の市場環境は厳しい。

コメント8件コメント/レビュー

国産ジェットは、大変夢の有る話だが、三菱ジェットは止めた方が良い。経営者が最初から、補助金を当てにしているようでは、ビジネスとして成り立たないと思う。又、第三セクターの失敗が繰り返されるだけ。基礎研究でない、製品を造って販売していこうというなら、あくまでビジネスとして勝算がなければ、やってはいけない。発想が、明治初期の、国策産業振興から、頭が切り替わって無い。国は、全力でホンダジェットを後援した方が、よっぽど良い。必ず、総てのリスクを背負ても、国産中型ジェットを造ろうとするメーカーが出て来るはず。それまで、待った方が良い。(2007/06/23)

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「「三菱ジェット」正念場」の著者

白壁 達久

白壁 達久(しらかべ・たつひさ)

日経ビジネス記者

2002年関西大学経済学部卒業後、日経BP社に入社。日経ビジネス、日経ビジネスアソシエを経て、2015年から香港支局長としてアジア全体をカバーする。2016年8月から日経ビジネス記者に。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

国産ジェットは、大変夢の有る話だが、三菱ジェットは止めた方が良い。経営者が最初から、補助金を当てにしているようでは、ビジネスとして成り立たないと思う。又、第三セクターの失敗が繰り返されるだけ。基礎研究でない、製品を造って販売していこうというなら、あくまでビジネスとして勝算がなければ、やってはいけない。発想が、明治初期の、国策産業振興から、頭が切り替わって無い。国は、全力でホンダジェットを後援した方が、よっぽど良い。必ず、総てのリスクを背負ても、国産中型ジェットを造ろうとするメーカーが出て来るはず。それまで、待った方が良い。(2007/06/23)

国産MRJの実現は無理だと断言する。市場環境もさることながら、その理由は次の3つ。?現在の日本メーカに巨大な民間輸送機システム(市場調査・仕様設定・TC取得計画・開発・製造・試験・運用)を一から十まで纏め上げる技術的・組織的実力があるのか?販売と補給体制の構築意志があるのか?三菱重工自身の本気で取り組む決意が見えてこない、ということだ。 また、日本は今や航空技術でも世界をリードしているように言われる。部分的な設計・製造技術は優れているようだが、インテグレーション技術という大枠で見ればむしろ後退している程だ。機体を飛ばす為の性能・空力・構造はもちろん、気象・航法・通信・整備・耐空性・寿命・リスク制御etc.含め恐ろしいほど膨大な検討と証明が必要なのだ。軍用機のノウハウを民間輸送機に活用できる範囲は意外に狭い。しかしながら軽ジェットとはいえホンダのしたたかさは販売戦略を含め見習うべきものがある。今は787で手いっぱいというのも良く分かる。が、心ではMRJも待望している。ぜひ冒頭のコメントをあざ笑うかのような結果を三菱重工には期待したい。(2007/06/22)

こういう半官半民の航空ビジネスが本当に「いい」ものなのかどうか疑問に思う。結局YS-11にしても感傷が先走っていいものがあったとは考えにくい。どうしてもというなら、海外をメインに受注を取る、あるいはボンバルディアなどを「買収」する等、ウルトラCを決めないと。三菱に必要なのは官からの独立、自立だと思う。ビジネスってそういうものでしょ?官に甘えて、いい結果がだせるわけがない。エアバスもまた然りだったように。航空ビジネスだったらホンダの方が余程筋を通している。(2007/06/21)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長