• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ピンクのスーツでサクセスしましょう

米国で女性向けビジネス誌が好調、日本進出も視野

  • 村上 富美

バックナンバー

2007年7月11日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「働く女性はこれまで男性の働き方を真似してきたけれど、もっと自然体でいいんじゃない?」――

 米国で新しいキャリアウーマン像を提唱する女性向けビジネス誌「PINK」が部数を伸ばしている。タイトル名の「PINK」には、「職場ではダークスーツを着るような、男性のスタイルにとらわれず、自分が着たいピンクのスーツを着ては?」という呼びかけが込められている。

 誌面には女性経営者や政治家へのインタビューのほか、仕事と家庭のバランス、経営に関する情報、健康やお金の問題など、働く女性に必要な記事を幅広く掲載しているのが特徴。発行は隔月だが、2005年の創刊から2年で、全米に40万人の読者を抱えるに至った。

ジャーナリストとして20年のキャリアを持つ編集長で創業者のシンシア・グッドさん(左)と、同じく創業者で豊富なビジネス経験を持つ発行人のジュヌヴィエーヴ・ボスさん。

ジャーナリストとして20年のキャリアを持つ編集長で創業者のシンシア・グッドさん(左)と、同じく創業者で豊富なビジネス経験を持つ発行人のジュヌヴィエーヴ・ボスさん。

 創刊したのは2人の女性。それぞれテレビキャスターと実業家という経歴を持っている。その1人で、これまで多くの報道番組でキャスターを務めたシンシア・グッド編集長は「フォーブス、フォーチュンのように、米国にはビジネス誌がたくさんあるけれど、すべてが男性向けに書かれているので、私だけでなく周りの女性は皆、不満だった」と創刊の理由を語る。

 「男性が職場に向かう時には、頭の中は仕事でいっぱいかもしれないけれど、女性は違う。仕事はもちろんだが、子どもや家族のことや近所づき合いのこと、洋服の組み合わせからその日の夕飯のことまで、生活のすべてを考えている。男性と女性は考え方も働き方も違うのだから、女性のためのビジネス誌が必要だと思っていた」(グッドさん)

働く女性が不幸になる構造

 もう1人の創業者で現在、発行人を務めるジュヌヴィエーヴ・ボスさんは「アジアも同じだと思うけれど、米国でも女性は長年、男性の真似をして男性のように働いてきた。けれどその結果、女性が幸せになったかと言うと、そうとは言えない。だから私たちは雑誌名を、『PINK』にした。自然体で働ける方が、女性は楽だし、それが実は企業の成功にもつながる」と語る。

ウェブサイトには多くの働く女性の経験談が詰まっている。

ウェブサイトには多くの働く女性の経験談が詰まっている。

 働く女性にとって実際に役立つ情報を提供するために、まずは豊富な事例がなくてはならない。そこで「PINK」は創刊に合わせて、全米5都市でそれぞれ数百人の働く女性を集め、女性のための会議を開催した。成功を収めた女性たちをスピーカーに招き、成功のカギはどこにあったか、キャリア上の最大の失敗は何で、どうやって再起を図ったかといったテーマを具体的に話し合い、具体的な経験を掘り起こす作業に力を入れた。

コメント0

「話題閑題」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

プロフェッショナルとして、勝負どころで安易に妥協するなら仕事をする意味がない。

手嶋 龍一 作家・ジャーナリスト