• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

小泉、一年間の沈黙の先に

政界再編のキーマンは9月に動き出す

  • 田村 賢司,杉山 俊幸,馬場 完治,中原 敬太,蛯谷 敏

バックナンバー

2007年8月6日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「小泉さん、もう1回総理やって」

 7月21日、名古屋市の県勤労会館で、前首相の小泉純一郎が参院選の応援演説をしている最中のこと。突然、会場に女性の声が響きわたった。

 それまでは会場からの声を上手に受け取めながら話を進めていた小泉の演説が、その一言で途切れた。

 「私はもう総理やめたから。総理大臣は安倍さん。もう時間? 次へ行かないといけないし…」

 小泉はあわてて話題をイラク派遣から切り替えた。参院選で全国行脚しながら、余裕に満ちた演説を重ねていた小泉が、ひるんだ一瞬だった。「次に行かないと」と言いながらも、それから10分近く演説は続いた。

「やらない。もう、やらない」

参院選の応援演説をする前首相の小泉純一郎(横浜市)

参院選の応援演説をする前首相の小泉純一郎(横浜市) (写真:村田 和聡)

 参院選を戦った自民党総裁の安倍晋三と、民主党代表の小沢一郎。明暗を分けた2人に共通するのは、ここまで見てきたように小泉シンドロームの影が選挙を通じてつきまとったことだ。

 選挙を、そして政治の進め方を一変させた小泉。その張本人は昨年9月に首相を退いてから、選挙の応援を除けば一切公衆の前に姿を見せず、沈黙を守ってきた。

 小泉の応援演説は街頭を避け、定員が決まっている会場に限定された。首相の安倍より聴衆を集めたのでは、現職がかすんでしまう。そんな配慮があってのことだった。愛知県を地盤とする衆院議員の見立てでは、「名古屋駅前で街頭演説をやったら小泉さんなら1万人、安倍さんでは5000人」。今回の参院選で応援にかけつけた10カ所余りの会場では立ち見が続出し、それでも入りきれない支持者たちはテレビモニターを置いた別会場へと移動した。

 テーマソングであるX- JAPANの楽曲とともに姿を見せるや会場は沸き立つ。演説終了後は会場の出口に熱烈な支持者が群がり、まるで芸能人のように携帯電話のカメラと歓声が向けられる。

 自民党の敗北について、小泉が進めた構造改革の痛みに地方からの反発が強まった結果という見方もある。後継者となった安倍の敗北に、小泉の責任を問う声も聞かれる。それでも小泉が応援にかけつけた選挙区の候補者12人のうち当選は7人、半分以上の候補者たちが笑った。自民惨敗という状況の中では、依然として小泉は選挙に強い政治家と言える実績だ。

 小泉再登板――。

 安倍が続投を宣言し、自民党を挙げて支えることになった参院選直後には、現実味の乏しい話に聞こえるかもしれない。ただ、いずれ衆院解散、総選挙となり、選挙に勝てるリーダーは誰かが問われた場合、話は別だ。

 もちろん、首相当時の組閣で事前に一切の情報が漏れず、サプライズ人事を披露した小泉が、この段階で再登板をにおわすはずもない。

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授