• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

改革の旗を降ろした安倍改造内閣

派閥均衡型に逆戻りした総花内閣は国民が求めた姿なのか?

2007年8月28日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 安倍改造内閣は、党3役を含めると、町村信孝外相、伊吹文明文科相、高村正彦防衛相、麻生太郎幹事長、二階俊博総務会長と、ずらり各派閥のトップを配置し、さらに津島派からは額賀福志郎財務相、山崎派から甘利明経産相を起用するなど、派閥均衡の「総花内閣」だ。自由民主党の派閥を「政策集団」とすれば、派閥均衡ということは、政策均衡にほかならない。

成長重視の改革派を下ろし、増税重視派を起用

 さらに、小泉政権末期に見られた成長重視か増税重視かの論争で、安倍内閣では中川秀直幹事長をはじめとする成長重視派を重用し、安倍総理自身も同じ路線を明確に取っていたのにもかかわらず、改造内閣では増税重視派の急先鋒であった与謝野馨氏を官房長官に起用している。この顔ぶれでは、政策の方向性は全く見えてこない。安倍氏が内閣改造以前に「脱派閥」を明言していたのは、政策の方向性を明らかにするためではなかったのか。

 改造前の安倍内閣は「お友達内閣」と揶揄されていたが、私には何の違和感もなかった。安倍総理は、小泉前総理の構造改革路線を継承することを条件に、首相の座に就いたのであって、閣僚を改革派から起用するのは当然であった。

 前内閣の発足時の柳澤伯夫厚労相や、松岡利勝農水相に違和感を覚えた国民は多かったかもしれない。実際に彼らは多くの問題を引き起こして、内閣支持率の低下の原因ともなった。松岡大臣は疑惑を抱えたまま自殺するという悲劇を引き起こしてしまった。しかし、私は彼らの起用に何の違和感も覚えなかった。

 私は衆議院解散前に、衆議院郵政民営化特別委員会に参考人として招致された。郵政事業の労組などの意を受けて郵政民営化に反対する民主党から激しいヤジを受けながら質問に答えたのを覚えている。その時の自民党の理事が柳澤氏であり、松岡氏であった。彼らは民主党と対決しながら、自民党の守旧派からのいわば後ろからの攻撃をも受けていた。彼らが構造改革の矢面に立って戦っていることを目の当たりにしたのだった。ちなみに、委員長の二階氏は、今回の組閣で党総務会長に就いている。

 こういった人事を、論功行賞と見ることも可能だ。しかし、改革を進めるには、それに積極的な人材を内閣に抱え込む必要がある。安倍総理の前内閣は、まさに改革志向の内閣だったのだ。

総主流派体制──自民党の伝統的な手法

 ところが、安倍改造内閣は派閥の均衡を狙った内閣であり、非改革型の内閣と言わざるを得ない。こういった組閣は、実は、自民党の伝統的な手法であった。非主流派を作らずに、総主流派体制を組んでいく。自民党の派閥は国民の様々なニーズを代表している面もあるので、その派閥を取り込むということは、実は国民のニーズをバランスよく吸い上げることにもつながる。安倍改造内閣は、改革の旗を降ろし、派閥均衡の、政策均衡の、バランス型の政治を目指していくことになろう。

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授