• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ロレアル、ネットを駆使して有望な新卒を確保

仮想化粧会社の経営陣となった学生がグローバルに競争

  • 杉山 泰一

バックナンバー

2007年8月31日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「ロレアル パリ」「メイベリン ニューヨーク」「ケラスターゼ」「ランコム」「ヘレナ ルビンスタイン」「ジョルジオ アルマーニ」など多数のブランドを抱える世界最大の化粧品会社、仏ロレアルグループ。2001年にスタートさせた学生向けオンライン・ビジネスゲーム大会「ロレアルe戦略チャレンジ」を、日本法人である日本ロレアルも今期からより一層積極的に展開している。

 ロレアルe戦略チャレンジは、大学や大学院やビジネススクールの学生3人で1チームを作り、経営陣となって架空の化粧品会社を運営し、株価を競う経営シミュレーションのコンテスト。第7回となる今回は、ドットコム企業を含む5つの会社と競争しながら、自身の化粧品会社の株価をいかに高めていくかというゲーム内容だった。ブランド管理や販売チャネル管理、研究開発、マーケティング、CSR(企業の社会的責任)、ウェブサイト活用などの観点から、ヒト・モノ・カネをどう動かしていくかを考える。

 ロレアルグループはこのコンテストを2001年から毎年開催してきた。最新の第7回大会は、2006年9月28日~2007年2月20日の期間に地域大会をインターネット上で開催。世界8地域で1位となったビジネススクール部門と大学生部門の計16チームは、パリで行う決勝戦と授賞式に参加した。

 第7回ロレアルe戦略チャレンジの地域大会は、1回戦、2回戦、準決勝の3ステップとなっていた。日本ロレアルは、1回戦通過者に対して2008年度総合職新卒採用の第1次選考を免除した。また、今大会から初めて「アカデミック チャレンジ」を導入。これは、同ゲームを授業の教材として大学やビジネススクールに提供する制度で、地域大会の1回戦と2回戦での選考を免除される。まず上智大学が採用した。

 このe戦略チャレンジには、2001年から2006年までの計6回の大会で、125カ国以上にある2190校の大学やビジネススクールから、13万人以上の学生が参加。日本からは累計で3159人が参加し、うち8人が日本ロレアルに入社している。

経営やマーケティングに関心のある人材を採る

図版

日本ロレアル人事本部人材・キャリア開発グループの曽我一夫シニアマネージャー(左)と井上麻衣子新卒採用担当

 日本ロレアルの曽我一夫・人事本部人材・キャリア開発グループシニアマネージャーは、「ロレアルという社名の認知度を高めることと、化粧品ビジネスの面白さを若い人に知ってもらうためのもの」と、e戦略チャレンジ導入の狙いを語る。この仕組みは人材採用手法として世界中の多くの会社からうらやましがられているという。

「日経情報ストラテジー発ニュース」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員