• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

駅コンビニ「NEWDAYS」のSuica利用率が約20%に

KIOSKの減少とは反対に伸び続ける販売力

  • 川又 英紀

バックナンバー

2007年9月6日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 この夏、東日本旅客鉄道(JR東日本)の駅の中にある売店「KIOSK(キオスク)」やコンビニエンスストア「NEWDAYS(ニューデイズ)」において、JR東日本の電子マネー「Suica(スイカ)」での決済利用率が約20%に達した。KIOSKとNEWDAYSを運営するJR東日本リテールネット(東京都新宿区)は、2006年9月までにほぼ全店にSuica対応POS(販売時点情報管理)レジの配備を終えており、この1年で顧客のSuica利用率はほぼ倍増した格好だ。今後は、この割合がますます上昇していくものと考えられる。

図版

JR東日本の駅にあるコンビニエンスストア「NEWDAYS」

 実は、昨年9月にKIOSKとNEWDAYSの全店にSuica対応POSレジの導入を完了してから、2007年夏までのこの1年間は、JR東日本リテールネットにとって、ビジネスモデルが大きく変わる激動の時期だった。それまでのKIOSK主体の駅売店ビジネスを、NEWDAYS主体の駅コンビニビジネスに切り替えるタイミングと重なったからだ。

 2007年度はNEWDAYSの売上高が初めてKIOSKの売上高を上回ることが見込まれており、同社の主力事業はコンビニ運営へと移る。7月1日に創立20周年を迎えた同社は、社名を従来の東日本キヨスクからJR東日本リテールネットに変更。社名からキヨスクの文字を外しており、新たなスタートを切ったばかりだ。

長年の懸案事項だったKIOSKのPOSレジ導入

 JR東日本リテールネットのKIOSK事業は年々、売上高が下降している。2001年度に1112億円あった売上高は2006年度には739億円までダウン。KIOSKの中心顧客である中高年の男性サラリーマンが、団塊世代の引退とともに減少していることが大きかった。

 そうした顧客の減少と並行して、KIOSKの担い手であるベテラン販売員の後継者探しも難しくなっていた。400~500種類ある商品とその価格をすべて暗記し、合計金額を頭で素早く計算して、顧客にお釣りを手渡すベテラン販売員の「職人芸」を、新しく入る若手販売員が受け継げないのだ。そこで「暗算」が必要なくなるPOSレジの導入をJR東日本リテールネットは長年検討してきたが、販売スピードの面ではPOSレジは職人芸に勝ることができず、同社はPOSレジの導入に二の足を踏んできた経緯がある。

 だが、売上高の減少と販売員確保の困難さに加えて、親会社であるJR東日本からのSuicaへの対応要請もあって、ようやくJR東日本リテールネットはKIOSKへのPOSレジ全店導入を決断した。結果的に、この判断が店舗でのSuica利用率を短期間で約20%まで押し上げた。しかも、Suicaでの決済は販売員の会計業務の負荷を軽減させることにもなった。山本信也・経営企画部長は、「POSレジは会計スピードでは職人芸の手売りに劣るものの、暗算をしなくてもいい分、販売員に余裕ができ、顧客の顔を見て笑顔であいさつするといった接客の基本をもう一度見直すいいきっかけができた。POSデータの分析で死に筋商品の排除も進み、売れ筋商品のボリューム増加にもつながりだした」と話す。

コメント1

「日経情報ストラテジー発ニュース」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック