• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

資生堂

中国事業を加速、薬局にも販路拡大

2007年9月12日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 資生堂の中国展開が活発化している。

 9月6日、上海工場の拡張工事を終え、本格稼働を始めた。生産能力は従来の2倍となる。化粧品専門店の取り引き増加に対応するもので、拡大した生産能力は、2006年10月に投入した専門店専用ブランド「URARA(ウララ)」などの増産に向ける。現在、中国で契約している専門店の数は2100。年内には2500に達する見込みで、2009年3月末までに5000店に拡大する計画だ。

 販売チャネルも広げる。専門店、百貨店のほかにドラッグストアと薬局の開拓を行っている。今年2月、香港に本拠地を置くドラッグストアチェーン「ワトソンズ」と契約し、同店60店舗でスキンケア化粧品「アクアレーベル」の販売を開始した。さらに漢方薬を中心に販売している都市部の地場の薬局との交渉も進めている。

 2007年3月期、中国における化粧品事業の売上高は444億円。2005年3月期から2年間で2倍となり、海外事業全体に占める割合も約20%に達している。ただし、拡大戦略はまだ緒についたばかりという状況。仏ロレアルや米P&Gなどの欧米ブランドに加えて中国ブランドとの競合が激化していることもあり、今後とも製造、販売面で拡大を続ける。中国投資の拡大も必須で、その分、投下資本の回収リスクも高まる。

 そのため、中国以外の市場開拓も進めリスク分散を図る。前田新造社長は「この2年間は中国への投資を続け北米では組織再編を進めてきた。今後は新市場に積極的に展開する」とし、今年5月にロシアに現地法人を設立した。2008年からモスクワ、サンクトペテルブルクを中心に化粧品の販売を開始する。

国内は優良店優遇策を導入

 3カ年計画の最終年度、今期(2008年3月期)の改革として注目されるのが国内の取引制度改革だ。画一だった小売店への納入価格をブランドごとに設定し、一部のブランドについては価格を引き上げた。

コメント0

「NB100」のバックナンバー

一覧

「資生堂」の著者

宇賀神 宰司

宇賀神 宰司(うがじん・さいじ)

日経ビジネス記者

日経クリック、日経ベンチャー(現・トップリーダー編集などを経て、2007年1月から日経ビジネス編集記者。流通、中小ベンチャー、マネジメント、IT(情報技術)を担当する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

本音と建前が違うことが問題の温床になっている。

川野 幸夫 ヤオコー会長