• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

安倍首相、突然の辞意表明

あっけない政権の幕切れ、会見はか細い声に終始

  • 大豆生田 崇志

バックナンバー

2007年9月12日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 9月12日午後、安倍晋三首相が辞意を表明した。

 衆議院・参議院の本会議で所信表明演説のわずか2日後、しかも衆参両院で各党代表質問が行われる直前という異例のタイミングである。テレビ中継でおなじみの首相官邸の記者会見室はテニスコートほどの広さだが、マイクを通さない安倍首相の声は、会見室の後方ではほとんど聞き取れないほど小さく、か細いものだった。

 緊急記者会見が開かれた会見室の壇上には、与謝野馨官房長官らが神妙な面持ちで並ぶ。会見を始める時、安倍首相は目にうっすらと涙を浮かべていた。しかし、記者の質問には、ひと言ずつを間を置きながら話すいつもの語り口だった。

政治的な困難を最小限にする

 「総理の職を辞するのは、国民の目からは逃げていると見えるのではないか」──。

 記者からそう問われると、首相は「総理の職責は大変重たいものがあると考えています。そして私も所信において思うところを述べたところであります。しかし、述べたことを実行していくという責任が私にはあるわけではございますが、なかなか困難な状況です。この中において、それを果たしていくことができないのであれば、それは政治的な困難を最小限にする、という観点からなるべく早く判断すべきだという決断に至りました」と答えた。

 しかし、「総理の職責」という言葉には力がなく、言葉を重ねるうちに声はどんどん小さくなる。最後には、何を言っているのか聞き取れなくなってしまった。一国の代表者の辞意表明会見にしては、あまりにもあっけない幕切れだ。

 代表質問が行われるはずだった衆議院本会議は流会を決めた。午後6時15分から予定されていた全国知事会など地方6団体との懇談は、辞任報道が出た後に中止の連絡が伝えられたという。

 テロ対策特別措置法の延長問題だけでなく、年金や「政治とカネ」など、政治課題は山積している。「政治的な困難を最小限にとどめる」という言葉とは裏腹に、突然の首相辞任による国政の停滞は避けることができないだろう。

(日経ビジネス オンライン記者=大豆生田 崇志)

※アンケートの受け付けは終了いたしました。約5000人の読者から回答が寄せられました。どうもありがとうございました。結果はこちらをご覧ください。「日経ビジネスオンラインの読者5000人が選んだ日本の首相

【緊急アンケート: 安倍首相辞意表明とその後】

Q1.今回の安倍首相の辞意決断は正しかったと思いますか?(1つだけ選択)

はい
いいえ
どちらでもない

Q2.首相の辞任だけでなく、解散総選挙で民意を問うべきだと思いますか?(1つだけ選択)

はい
いいえ
どちらでもない

Q3.この1年以内に政権交代が起こる可能性はあると思いますか?(1つだけ選択)

ある
ない
分からない

Q4.ポスト安倍政権が最重要課題として取り組むべき政治課題は何だと思いますか?(1つだけ選択)

経済
外交
格差
年金
政治とカネ
その他

Q5.あなたが日本の首相を任せてみたいと思う人物は誰ですか?(自由記入)

Q6.日本の政治に対するご意見を自由にお書きください。

 

コメント78

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員