• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

楽天が6年ぶりにネット店舗の運営ノウハウを公開

  • 川又 英紀

バックナンバー

2007年9月20日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 楽天は9月10日、同社の電子ショッピングモール「楽天市場」におけるネット店舗の運営ノウハウを網羅した書籍『楽天市場公式 ネットショップの教科書』(発行はインプレスR&D)を発売した。楽天が公式の教本を発売するのは2001年以来、6年ぶりのことである。ノウハウ本を編集したのは、楽天市場に出店する2万店以上の出店者を対象にしてネット店舗の運営ノウハウを有料で教育している社内組織「楽天大学」を2000年1月に立ち上げた仲山進也学長だ。

図版

9月10日に発売された書籍『楽天市場公式 ネットショップの教科書』

 仲山学長は「2007年は楽天市場の開設からちょうど10年の節目の年に当たる。この10年で当社の成長のサイクルが一巡して振り出しに戻ったと感じており、社内では楽天が『2.0時代』に突入したと表現している。このタイミングで出店者にもう一度、店舗運営の基本である接客に立ち戻ってほしいと考えた。そこで楽天大学に蓄積された10年分の運営ノウハウを公開することにした」と語る。仲山学長は特に、「過去3年ほどの間に楽天市場に出店した人にこそ、本書を読んでほしい」と強調している。

 というのも、この3年は楽天のプロ野球参入と相まって、出店者数が一気に倍増した急成長期に当たる。楽天の知名度向上に乗って、それ以前の出店者ほどは苦労せずに店舗の売り上げを伸ばせた出店者が多かった。しかし、最近は成長も一巡し、月商が頭打ちになってきた出店者が出始めているという。それがこのタイミングでノウハウ本を出版するきっかけの1つになった。

 仲山学長は過去10年間の楽天市場における「出店者数の推移」を振り返り、興味深い事実を発見したと明かす。それは開設から5年目の2001~02年に、楽天市場は早くも1度成長の踊り場を迎えており、出店者数が5000店を超えたあたりで、その伸びが2年間ほど停滞していたのだ。その時が楽天市場の最初の転換期となり、楽天は2002年4月に楽天市場に新しいビジネスモデルである出店者の売上高に応じた「従量課金」を導入した。これが結果的に楽天市場の第2ステージ「1.5時代」の幕開けにつながった。そこからの次の5年間で楽天市場は新たな成長を加速することができ、10年目の2007年に「2.0時代」を迎えることができたのである。

 5000店ほどで停滞していた出店者数は2003年から急激な上昇カーブを描いて増え始め、2004年10月には1万店を突破。同時期に楽天のプロ野球への参入が決定すると、第2の成長に拍車がかかり、1万店突破から3年足らずの2007年6月に2万店まで駆け上がった。過去5年で出店者数は4倍になったのだ。2007年6月末には楽天の会員数も3000万人を超えている。

 特に直近の3年間は楽天の第2の成長が急加速した時期であり、この期間に出店した人は「接客の基本をきちんと学ばないままに、勢いだけで成長できた側面もあった」と、仲山学長は冷静に分析する。そこで今回のノウハウ本を読んで、自社に欠けている接客部分を再確認してもらいたいというのが仲山学長からのメッセージだ。

コメント0

「日経情報ストラテジー発ニュース」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の社会に足りないのは起業家精神です。

デイビッド・ルーベンシュタイン 米カーライル・グループ共同創業者兼共同最高経営責任者