• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

まだ続いているPSE法ショック

失敗のけじめつけぬまま、経産省が新たな規制強化

2007年10月17日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2006年春の電気用品安全法(PSE法)問題で中古電気製品市場を大混乱に陥れた経済産業省。その経済産業省が、自らの「政府(規制)の失敗」にけじめをつけないまま、一方的に「市場の失敗」を批判し、「安全の確保」を大義名分に、新たな規制に乗り出そうとしている。首を傾げたくなるのは、筆者だけだろうか。

 PSE法ショック──。あの騒ぎが始まったのは、2006年1月だ。突然、中古の電気製品の投げ売りが始まり、多くの販売業者が廃業や経営危機に追い込まれ、その従業員たちが職を失った。

 発端は、その8年も前のPSE法の改正だ。同法の経過措置期間が2006年4月から3回に分けて終了し、以後は、漏電検査などに適合した証しのPSEマークを張らないと、テレビや冷蔵庫など450品目が販売できなくなることになっていた。

中小業者の廃業・撤退、まだ記憶に新しい大混乱

 その経過措置期間切れが半年後に迫った2005年10月末。「念のため」と考えて、経済産業省に「PSE法の規制対象に中古品も含まれるか」と問い合わせたのが、リサイクル業大手のハードオフコーポレーションだ。

 だが、同社によると、経済産業省の担当官は「追って連絡します」と即答できなかった。同法の規制対象に「中古品が含まれる」との意外な回答が経済産業省から届いたのは、実施まで3カ月も残っていない2006年1月半ばになってから。あまりの猶予の無さに驚いたハードオフは、中古品の買い取り停止と早期の在庫処分を決断、各店舗に告知を張り出した。

 混乱は広がり、体力のない中小業者で解雇や廃業・撤退が続出した。東京・秋葉原の中古オーディオ専門店の清進商会も、まともに荒波を受けた販売業者の1つだ。清進商会は、「検査体制の整備など中小業者の体力では不可能だ」(店主の小川進さん)と判断。思い切って在庫を減らし、2人いた従業員を解雇した。さらに、半分の広さしかない店舗に移転した。

 一方、静岡県に本拠を置く別の大手、生活創庫は、販売をやめ、レンタルで対応する方針を打ち出した。

 消費者運動にも火がついた。音響機器や楽器には代替可能な新製品が乏しく、ビンテージものは貴重だと、音楽家の坂本龍一さんらがPSE法反対の署名運動を繰り広げる事態が起きたのだ。

 経済産業省は、反響の大きさに慌てた。そして、レンタル方式の容認に続き、ビンテージものについてもPSE法の適用除外と決めた。ろくに財源も示さずに、全国に500もの検査機関を整備し、検査機器を無償供与する対応も打ち出した。「政府(規制)の失敗」が引き起こした大混乱の責任を回避しようと、どんどん規制の抜け穴を作ったのである。

後付け、身勝手な法文解釈を繰り返した経産省

 当時の経済産業省の対応は、矛盾と疑惑に満ちていた。

 同省は、衆議院の経済産業委員会など国会の場で、「(1962年施行の)旧法の時代から除外と書いていないので、中古品も規制対象と解釈できる」と持って回った答弁を繰り返した。

コメント37

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「絶対これしかありません」というプランが出てきたら、通しません。

鈴木 純 帝人社長