• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ダイキン工業

世界1位に根差した人材育成に着手

2007年11月9日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ダイキン工業の株価が好調だ。今年1月18日に年初来安値の3800円をつけてから上昇し、10月15日には5980円の年初来高値をつけて高値を維持している。

 好調な株価の背景には、業績の急拡大がある。同社は今年8月に2008年3月期の業績予想を上方修正している。売上高を1兆3200億円(前期比44.7%増)、営業利益を1170億円(前期比44.6%増)と予想し、8期連続で最高益を更新するのは確実だ。

 さらに、11月14日の中間決算発表で、通期の連結業績予想を上方修正する可能性がある。井上礼之会長は「今年は世界的な猛暑に見舞われ、欧州や中国、豪州で想定以上にエアコンが売れている」と話す。同社が2009年3月期の業績目標として掲げた売上高の1兆3500億円、営業利益1200億円を1年前倒しで達成する見込みだ。

インドに業務用エアコン工場を建設

 旺盛な需要に対応するために、同社は設備投資を急ぐ。年間90万台の生産能力があるチェコ工場は、今期中に25万台の増産投資をする予定だ。インドには30億円を投じて、来期中に業務用エアコンの生産工場を建設する見込み。家庭用エアコンは、インドとFTA(自由貿易協定)を結ぶタイから輸入する。

コメント0

「NB100」のバックナンバー

一覧

「ダイキン工業」の著者

大西 孝弘

大西 孝弘(おおにし・たかひろ)

日経ビジネス記者

1976年横浜市生まれ。「日経エコロジー」「日経ビジネス」で自動車など製造業、ゴミ、資源、エネルギー関連を取材。2011年から日本経済新聞証券部で化学と通信業界を担当。2016年10月から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授