• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

外資が狙う日本の選挙

電子投票のシステム巡り、虎視眈々と

  • 江村 英哲

バックナンバー

2007年12月4日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

電子投票では、候補者の名前を指で触れて選択するタッチパネル方式が採用されている

電子投票では、候補者の名前を指で触れて選択するタッチパネル方式が採用されている

 電子投票システムの受注を巡り、米国など海外勢が虎視眈々と日本市場に照準を定めてきた。電子投票には、モニター画面に表示された候補者の名前を指で触れて選択するタッチパネル方式などがあり、海外で導入が相次いでいる。日本の選挙ではまだ始まったばかりだが、近い将来に新しい市場として拡大することをにらみ、参入に向け本腰を入れ始めたようだ。

 11月13日。来年2月に実施される京都市長選で電子投票の導入を決めた上京区は、システムの入札を実施した。今回は、米ES&S(エレクション・システムズ・アンド・ソフトウェア)と日本の電子投票普及協業組合(EVS)の一騎打ちとなった結果、日本のEVSが受注した。

 全国の中堅20社が加盟するEVSは電子投票システムを提供する組織で、1989年からシステムを開発している。EVSの宮川隆義理事長は「米国に電子投票を請け負う会社が数社あり、韓国企業も日本の選挙での受注を狙っている」と今後、海外勢との競争が厳しくなることを覚悟している。

200億円近い人件費を削減

地方で導入が始まる

 現在、日本では国政選挙で電子投票は行われていないが、「主要先進国の国政選挙で、いまだに自書式投票を行っているのは日本だけ」(宮川理事長)という。国内で電子投票ができるのは、県知事選挙や市長選挙などの地方選挙に限られており、これまで京都市東山区や三重県四日市市、青森県六戸町などが電子投票を採用してきた。

 電子投票を採用するメリットは何か。日本電子投票普及促進協議会の石井一二理事長は「開票作業などに必要な人件費を大幅に削減できること」と説明する。例えば、衆・参両議院選挙などでは約35万人が動員され、選挙作業に従事する地方公務員の手当を合計すると人件費だけで200億円近い費用が必要となる。システム導入の初期コストはかかるが、長期的に見れば選挙ごとに必要な人件費を削減できる。

コメント4件コメント/レビュー

電子投票についての記事ですが、なんでも節約主義がよいとでも思っているのですか?世の中には、手作業でやらないと公正さを保てないものものあるんですよ。電子投票はアメリカでその公正さに疑問符が今でも出されているわけで、さきのロシアの占拠は手作業だったはず。なぜ都合のいい部分ばかり取り上げるのか?原本がなければ、その投票が本当に正しかったか、後で再確認もできないのですよ。このような記事を、どこかに宣伝依頼されたかのように掲載するのは、貴サイトがたまに良い記事を配信していると思っていたので、がっかりしました。政府の洗脳記事をマスゴミとして書くのはいい加減にやめてください。もう多くの国民が気づいていますよ。(2007/12/04)

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

電子投票についての記事ですが、なんでも節約主義がよいとでも思っているのですか?世の中には、手作業でやらないと公正さを保てないものものあるんですよ。電子投票はアメリカでその公正さに疑問符が今でも出されているわけで、さきのロシアの占拠は手作業だったはず。なぜ都合のいい部分ばかり取り上げるのか?原本がなければ、その投票が本当に正しかったか、後で再確認もできないのですよ。このような記事を、どこかに宣伝依頼されたかのように掲載するのは、貴サイトがたまに良い記事を配信していると思っていたので、がっかりしました。政府の洗脳記事をマスゴミとして書くのはいい加減にやめてください。もう多くの国民が気づいていますよ。(2007/12/04)

アメリカ製の電子投票システムは、3年前のアメリカ大統領選挙で明らかになったとおり、イカサマがあるのでやめた方がよいです。(2007/12/04)

選挙制度の法律にも抵触するのかもしれないが電子投票の場合ただ単純に投票機能だけを電子化するのではなく候補者の主張や経歴など、投票に際して必要な情報を見ることができるIT化をする必要があるのでは?選挙カーや講演会など、ただ名前を連呼されてもわからないし一定の書式に記載された候補者の情報を比較できるような仕組みがあれば、電子化することに意義があるインターネットで公開することまで行かなくともまずは、投票場で確認できることからでもいいとは思う国内の電子化投票に際して必要な機能の分析をし、法律、設計情報へのフィードバックをして欲しいものだ(2007/12/04)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長