• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

任天堂

出だし好調の「Wii Fit」、次に続くかがカギ

2007年12月5日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「従来のゲームや『脳トレ』のような教育関連のソフトにも関心を持たなかったような、これまで任天堂のメッセージが届かなかったお客様でも、『Wii Fit』には興味を持っていただけるかもしれない」

 任天堂の岩田聡社長がこう話す新たな「Wii(ウィー)」向けのソフトが、12月1日、家電量販店などで発売された。さらなるWiiの拡販を狙って12月のクリスマス商戦にぶつけた、健康をテーマにした戦略商品である。

 5月時点で3万~4万円台だった任天堂の株価は、上場来高値の更新を続けながら上昇し、11月1日には一時7万3200円の値をつけ、時価総額は10兆円を超えた。

 その後、調整局面に入ったものの、11月下旬から回復基調へ。12月4日時点の終値は6万8400円、時価総額は9兆6193億円と、トヨタ自動車(7203)、三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)に次ぐ国内3位の座は揺るいでいない。

「Wii Fit」、量販店では品切れ続出

 だが、岩田聡社長が「ゲームプラットフォームのビジネスはリスクがすごく大きい」と語るように、好調が続く保証はない。国内で2000万台を突破した携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」は、今後数年間安定収益をもたらすと見てよいが、Wiiは、まだ圧勝という段階にはない。株価がさらに上値を追うのか、調整が進むのかは、この12月のクリスマス商戦に懸かっていると言える。

 当面の任天堂の収益の成長をもたらすうえで重要なWii Fitは、体重計のような「バランスボード」とセットで販売されるこの製品は、ヨガやスキージャンプなどの40種類以上の運動やゲームが楽しめる。自分のBMI(肥満度を測る指数)を日々記録でき、楽しみながら健康になろうという新しいコンセプト製品だ。

 滑り出しは好調。ビックカメラなどの家電量販店では発売日に行列ができるほどの人気ぶりで、翌日以降、Wii本体とともに品切れになる店が続出した。メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)や健康に対する関心の高まりなどが、好調な出だしをもたらしたかもしれない。

北米市場で大人気、次世代機で首位に

 立ち上がりが遅かった北米市場でも、WiiはDSを超える勢いで出荷を伸ばしている。クリスマス商戦の開始週とも言える11月18~24日、Wiiは週間の集計としては発売以来最高となる35万台の販売を記録した。これは、欧米で好調とされる米マイクロソフトの「Xbox360」が、11月の1カ月間かけて北米で販売した数に匹敵する。

コメント0

「NB100」のバックナンバー

一覧

「任天堂」の著者

井上理

井上理(いのうえ・おさむ)

日経ビジネス記者

1999年慶応義塾大学総合政策学部卒業、日経BPに入社。以来、ネット革命などIT業界やゲーム業界の動向を中心に取材。日本経済新聞への出向を経て2014年4月より日経ビジネスの電機・ITグループ

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授