• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

再考グローバリズム~日本の選択肢(4)

隣人と競うな、世界のビジネスマンと戦え!

  • 水野 博泰

バックナンバー

2007年12月7日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

日本人は急速に変貌する世界の現実を本当に直視しているのか。グローバリズムの大波に翻弄されてばかりいるのは、世界に対して目を閉じ、耳を塞いでいるからなのではないか──。伊藤忠商事の丹羽宇一郎会長に、辛口の直言を聞いた。(聞き手は、日経ビジネス オンライン副編集長=水野 博泰)

丹羽宇一郎・伊藤忠商事会長 (写真:清水 盟貴)

NBO 丹羽さんは「グローバリズム」をどのようにとらえていますか。

丹羽 単刀直入に言えば、人とカネと技術が国境を越えてグローバルに動き回る時代だということです。

 江戸時代の末期、明治の開国の時に、黒船が日本に来ました。その時は1つの港に来たのだけれども、今のグローバリゼーションというのは、いくつもの“ドア”から人とカネと技術が入ってきている。無数の黒船が日本の海域に姿を現している。

 私が心配しているのは、多くの日本人が本当の意味でそれに気がついていないということです。昔は大砲を撃ってきたので大変な騒ぎになりましたが、今はいろいろな所から、いろいろな形で、静かに、着実に入ってきています。

 だから、今の日本人は危機感が非常に薄いのです。豊かでモノが溢れています。もちろん、貧困に窮している人たちもいます。しかし、世界の多くの国々には、毎日本当に何も食べられないという「どん底」の生活をしている人たちが何億人もいるという現実に比べれば、はるかに恵まれている。

 生まれながらにして与えられた豊かさの中で、本当は大変な危機が迫っていることが見えなくなっている。グローバリゼーションの中で、世界の人たちは必死になって国際競争を繰り広げているというのに、日本が1歩も2歩も後れを取っているのはそのためだと思います。日本人は、自分たちが世界の中でどういう位置にあるかということを自覚していない。

NBO 今の豊かさが“当たり前”になっていて、これからもずっと変わらないと思っているということですね。

丹羽 そうです。人間が生きていくためには、エネルギーと食料と水が必要です。エネルギーは95%も、食料は60%を外国から買っています。水だって、食料の形で輸入しているんです。1キロの小麦を作るためにはその2000倍、つまり2トンの水が必要です。お米は3トン、牛肉なら20トン。そうした食料の形でバーチャルに輸入されている水を合計すると、琵琶湖の2.5倍の量になるんだそうです。

 それほど日本は世界の各国からいろいろなものを買っているわけです。そのカネをどうやって稼いでいるんですか。天然資源がない日本には、もの作りの力とか技術力、人材で稼ぐしかない。ところが、いつの間にかそんなものは当たり前になってしまった。日本で食料が足りなくなったり、エネルギーがなくなったりすることなんて、誰も心配していません。

 しかし、豊かさというのは井戸水のように掘れば湧き出してくるものではありません。日本が国際競争力を維持して、経済成長を続けない限り、日本人が生きていくために必要なものを買うためのカネを稼げません。資源が高騰していますから、ますますお金がいるんです。

 今、海外への投資リターンで20兆円ぐらい、貿易で20兆円ぐらい、合計で40兆円ぐらいのお金が海外から日本に入ってきています。そういうお金をきちっと稼いでいかないと、1億2000万人の日本人を養うことはできない。日本経済が衰退して、中国、インド、アジアに追いつかれて稼げなくなったら、日本人は路頭に迷うことになりますよ。

 グローバリゼーションによって、人とカネと技術が静かに着実に国境を越えているのです。日本には中東のオイルダラーがいっぱい入り、米国のファンドも来ていますが、彼らが今考えているのは、中国、ベトナム、アジアに対してお金をどうやって使おうかということです。そういう中で、日本だけがまるで江戸時代の鎖国みたいに、「海外のことなんか知らない、知りたくもない」という感じで太平天国をエンジョイしている。このままでは危ないぞ、という警鐘を私は鳴らしているんです。

コメント16件コメント/レビュー

丹羽さんは、功なり名を遂げた方として内向きにならず、余生(失礼)を弱い立場の方達に尽力され尊敬します。現役時代が忘れられず、昔の仕事仲間とゴルフ、物見遊山される方達が多い中、素晴しいと思います。しかし、そのような理念を持つ若者が昔も今も沢山いるのです。日本も捨てたものではありません。でも、彼等は所謂大企業、中央官庁では、採用試験というか門戸さえ閉じられています。また、上手く擦り抜けて入っても、その理念を語れば異端者として「庶務課!要員」扱いです。偉いさんになるまで猫被って、社畜として過すしかないのです。そのような現実を変えるのが先だと思います。(2007/12/17)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

丹羽さんは、功なり名を遂げた方として内向きにならず、余生(失礼)を弱い立場の方達に尽力され尊敬します。現役時代が忘れられず、昔の仕事仲間とゴルフ、物見遊山される方達が多い中、素晴しいと思います。しかし、そのような理念を持つ若者が昔も今も沢山いるのです。日本も捨てたものではありません。でも、彼等は所謂大企業、中央官庁では、採用試験というか門戸さえ閉じられています。また、上手く擦り抜けて入っても、その理念を語れば異端者として「庶務課!要員」扱いです。偉いさんになるまで猫被って、社畜として過すしかないのです。そのような現実を変えるのが先だと思います。(2007/12/17)

丹羽さんの意見には大賛成です。個人的には少額ですが定期的に寄付をしています。丹羽さんは若者に呼びかけていますが、変わらなければいけないのは大人たちではないでしょうか。若者は身近な大人を見ています。大人が変わるように大先輩である丹羽さんが大人に声をかけ、成果が上がればやがて大きな波になると思います。(2007/12/12)

前半部の、「日本人は、自分たちが世界の中でどういう位置にあるかということを自覚していない。 日本のビジネスマンじゃなくて、世界のビジネスマンと伍して戦っていくんだという意識が必要」という部分は、全く同感です。私は欧州、米国の企業とも韓国、台湾、中国の企業とも仕事をしたことがありますが、その実体験を通して、筆者と同じ考えを持つにいたりました。同年代あるいは同じ職位の外国人と接することによって、日本人および日本企業の甘さが体感できます。なんといっても実体験に勝る教室はありません。そうはいっても、日本人および日本企業は器用さ、チームワーク等の特長と先輩諸氏のたゆまぬ努力によって、これまで経済的には、恵まれた地位を確立してきました。しかし、我々の世界というのは現在すでに、一部のピラミッドの頂点付近にいる国とその国民だけがなんとか人並みの生活ができ、それ以外の底辺に暮らす人は、明日の食料にも事欠くようになっているのです。さらにこれからの日本人は、限り有る食料、資源を世界中の人々と奪い合うことになります。今でこそ、ピラミッドの頂点付近にいる日本国ですが、今のまま世界に目を向けずに戦うことを避けていると、底辺国に転げ落ちてしまうでしょう。それこそ他国の人々にかまっている余裕はなく、自分の食料だけは確保しないと日本人自身が餓死してしまう時代になります。憲法に基づく高邁な思想を喚起するのもいいですが、それ以上に諸外国に技術や経済で遅れてしまうということが、いかに日本にとって恐ろしいことかを考えるべき、それくらいの危機意識が今の日本人には必要だと思います。(2007/12/10)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長