• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

2008年を斬る:日米関係を強化せよ

米国は確実に変わる、日米関係は大転換点に

  • 冷泉 彰彦

バックナンバー

2008年1月10日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2008年、米大統領選挙の年が明けた。

 年明け早々にアイオワ州の党員集会、ニューハンプシャー州の予備選が行われ、2月5日のスーパーチューズデーを目指して、各候補は「モメンタム」獲得に躍起だ。やがて両党の候補が決まれば、夏の党大会を経て11月の投票日までは一直線となるだろう。ということは、今年の日米関係は、ひたすらに大統領選の行方を指をくわえて見ているしかないのだろうか。

 決してそんなことはない。確かに政権交代の可能性も含めて大統領選の結果が日米関係に与える影響は大きい。だが、結果を待つだけでは能がない。まして、ジョン・マケインやルドルフ・ジュリアーニは知日派に見えるが、結局ヒラリー・クリントンやバラク・オバマの政権になるのであれば、もう米国は頼りにならない…などと投げやりになる必要も全くないのだ。日米関係の今後を考えるということでは、これからの長い政治の季節を横目で見ながらできることはいろいろある。

大統領選で「日本」が争点にならないことの意義は?

 なぜか。それは今回の大統領選で「日本」は全く争点になっていないからだ。

 そんなバカな、と思われるかもしれないが、民主・共和両党の各候補が現時点までに発表している政策の中で日本に関して言及している部分はほとんどない。では、どうして「無視」されているのか。それは、日本の経済活動が低迷しているから論評の必要がないとか、右傾化する日本は切り捨ててしまえ、などという意味での「無視」ではない。例えば、対中国関係について重視するというような候補はヒラリーやオバマなど何人もいるが、彼らにしても現状としての日本との関係を問題視しているのではないのである。

 つまり現在、日米の間には大きな問題はないと言って構わない。

 争点にならないのはそのためだ。例えば政権の当事者の間では「日本はインド洋での給油を再開してくれない」とか「米国は食肉牛の輸入全面解禁をしつこく言ってくる」というような問題があって、それぞれにストレスにはなっているのだろうし、それをメディアが何度も記事にすることで「日米はうまくいっていないのでは?」というムードが世論に生まれることはあるだろう。だが、大統領選の争点から全く外れているということは、そうした個別の「調整事項」以外には本質的なコンフリクトが日米の間にはないことを示している。

 では、そんなに日米間に問題がないのであれば、現状維持がベストなのだろうかというと、必ずしもそうではない。大統領選を転機として米国は明確に変化しようとしている。相手が変わるのであれば、相手との関係も変化を余儀なくされるのであって、現状を維持すること自体がそもそも難しくなる。つまり、2009年以降の関係をどうしてゆくのかを真剣に考えてゆく必要性からは逃れられないのだ。

 そして相手がとにかく選挙で手いっぱいなのであれば、2009年以降をどうするか、という問題を考える役割は当面は日本側にボールが投げられていると考えるべきだろう。2009年を見据えつつ、米国がどう変化していくかを見極めながら、むしろ日本側から積極的に課題を突きつけてゆく、それが2008年の日米関係の中で最も重要な作業になる。

国際協調への回帰、内向き志向、強い米国からの徹底

 米国はどう変化するのだろうか。

 現時点では選挙戦の行方は全く分からない。だが、大きな方向性は見えてきている。その方向性は、民主党の候補でも共和党の候補でもそれほど大きくは変わらない。

 その第1は、国際協調への回帰という方向性だ。ジョージ・ブッシュ政権の米国は、ジョン・ボルトン前国連大使が象徴するように国連中心の調停機能よりも、米国の主導する有志連合を重視してきた。だが、イラク社会の安定の遅れ、アフガン・パキスタン情勢の悪化など結果は芳しくない。また、有志連合を形成していたポーランド、スペイン、オーストラリアでは親米政権が下野したし、英国のゴードン・ブラウン政権には是々非々の姿勢が見え隠れする。

コメント14件コメント/レビュー

要するに去年話題にされたKYでは駄目で考え方だけでも独立したものではなければならない。価値観外交を前面に立ててリーダーシップが取れるかが日本の問題であり、ボールを受けるだけでなく拉致問題等の人権問題では強いボールをなげ、さらに省エネ環境問題での取り組みに米国新政権をも強力しながら巻き込むピッチャーとならねばならないのだ。福田政権はその辺適任かどうかは国民、産業界が良く知っていると思う。皮相的な報道には注意すべきである。(2008/01/12)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

要するに去年話題にされたKYでは駄目で考え方だけでも独立したものではなければならない。価値観外交を前面に立ててリーダーシップが取れるかが日本の問題であり、ボールを受けるだけでなく拉致問題等の人権問題では強いボールをなげ、さらに省エネ環境問題での取り組みに米国新政権をも強力しながら巻き込むピッチャーとならねばならないのだ。福田政権はその辺適任かどうかは国民、産業界が良く知っていると思う。皮相的な報道には注意すべきである。(2008/01/12)

日本人が出ているというだけで外国の野球番組をテレビでいつも中継しているなんておかしいです。電波は公共のもの。ここは日本なんですから、基本的に日本のリーグを映すべきです。アメリカが第一のような考えは間違いです。一体、日本はどこへ行ってしまうのでしょう?福音派と言ったらカルトですよ。イスラム原理主義とどっちもどっちです。福音派の説教師はチャベスを暗殺すべきと発言していますが、とんでもない。ならず者と交流する必要は一切ありません。(2008/01/11)

私は日米関係を強化したいのなら、意図的に10年間ぐらいは悪化させたほうがいいと思う。思いやり予算を廃止して彼らを徹底的に冷遇し、日本独自の軍事技術(核開発・諜報)の構築に全力をあげる。中国やソ連の軍備拡張は今後も10年以上の間増加することは間違いないのだから、アジアの覇権をめぐって米国は嫌がおうにも日本に協力を求めてくる。過去アジア諸国の中で、20世紀中国ソ連と真剣に戦って勝ってきたのは日本しかないし、生理的に日本人は彼らを毛嫌いしている。そこで米国は日本に関係強化を求めて来て、日本は主体的優位的に日米関係を強化することができるというのが私の考えである。「大統領選で「日本」が争点にならないことの意義は?」なんて何で筆者は他国にどう思われるかを気にするのかね。それでいて関係を強化せよなんて日経で取り上げるから、日本人の安全保障の危機意識が低いままなんだと思う。現代社会では核ミサイルなんて海を越えて降ってくるのだから専守防衛では安全保障は弱く、数十年前から言葉に出さずとも何をなすべきかはもう答えは出ている。明治維新で日本人の先人がやったこと(敵性国家に対する先制攻撃)をすればいいと思う。(2008/01/10)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長