• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

新版「花見酒の経済論」

高騰する原油価格に揺れる世界経済を読み解く

  • 竹中 正治

バックナンバー

2008年1月15日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 原油価格の高騰が続き、とうとう1バレル=100ドル(WTI:ウエスト・テキサス・インターミディエート)越えをうかがう展開となった。2003年の30ドル前後から4年半で3倍強に跳ね上がったことになる(グラフ参照)。

 原油価格の高騰を「2008年の世界経済のリスク要因である」と指摘する意見は多い。しかし、そもそもなぜ原油価格の高騰にもかかわらず、2007年まで経済はそれが原因で失速しなかったのだろうか──。2度の石油ショックに見舞われた1970年代には、原油価格の高騰で石油輸入国の経済成長は失速し、長期的な経済成長見通しも悲観論が蔓延した。その時と今では何が違うのだろうか。まずこの問題を考えよう。

バブルへGo!急騰する原油、ゴールド、中国株

グラフ バブルへGo!急騰する原油、ゴールド、中国株

原油価格の高騰が成長のブレーキにならなかった理由

 この問いに対してエコノミストは通常次のような説明を用意している。

 第1はドル相場の下落である。原油はドル建てであるから、日本について言うとおおむね1ドル=200~360円だった1970年代と、1ドル=110円前後の現在では円相場が上昇した分だけコストは抑制されている。

 第2は先進国経済のエネルギー効率の向上であり、日本ではGDP(国内総生産)1単位を生み出すのに必要な原油量は「1970年度を100とした場合、2006年度は41」に低下している(日本経済新聞2008年1月6日朝刊「原油100ドルの時代」より)。

 こうした説明は間違ってはいないのだが、事実の一部しか説明できていない。例えば、ドル相場の下落による恩恵を米国は当然享受できないが、原油価格の高騰は少なくとも2007年の第3四半期までは米国の経済成長の顕著なブレーキにはなっていなかった。

 また、現在高成長を続けている中国のエネルギー効率は1970年代の日本よりもずっと悪いし、70年代に比べると人民元相場は対ドルで下落している。しかし近年の原油価格の高騰が原油輸入国でもある中国の成長のブレーキには今までのところなっていない。

 原油価格が高騰しても昨年まで世界経済が失速しなかったことには、もっと原理的な理由がある。この点を、落語の「花見酒」をもじった「新版花見酒の経済論」でご説明しよう。

「新版花見酒の経済論」で読み解く原油高騰の効果

 熊さんと与太郎がそれぞれ別々に酒樽を担いで花見客に酒を売りに来たと思っていただきたい。2人とも早く来たのでまだ花見客はいない。酒の香りに誘われて2人とも酒が飲みたくてたまらない。しかし自分の酒を飲んだら商売にならない。熊さんがポケットを探ると100円玉が出てきた。

 そこで熊さんは100円で与太郎の酒を1杯買って飲む。与太郎も飲みたくてしかたがない。そこで与太郎は受け取った代金の100円で熊さんの酒を買って飲む。

 飲みだしたら止まらないのが酒飲みだ。熊さんは売上代金の100円でまた与太郎の酒を買って飲む。こうして100円が1回往復するごとに(これを“1期間”としよう)2杯の酒が供給され、消費される。

 何杯か飲んだ時、熊さんが与太郎に言う。「俺んとこの酒は純米大吟醸だぞ。今後は1杯200円でなければ売らねえ」。与太郎は100円玉を握ったまま困ってしまう。そこに花見客の銀行員がやって来て、与太郎に「100円を貸しましょうか」と申し出る。与太郎は100円を借りて200円で再び熊さんから1杯酒を買って飲む。

コメント4件コメント/レビュー

いつも素人ながら思うのですが、過剰なマネーの行き場が無くなって米国で不動産バブルがおこってサブプライムみたいな悲劇がおきた。今はその金が原油や金に流れ込んでいると言うわけですね。ならばマネーの正しい行き場を作ってやればいいわけで、今それは何かと言えば間違いなく「環境」です。それが環境バブルになったとしても、その結果新技術が開発普及し、例えばCO2排出の大幅削減につながれば、(その後例え”環境”バブルが破裂しても)それはそれでよいではないですか。だからエコノミストには「エコ」につながる経済スキーム是非を作っていただきたい。(2008/01/16)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

いつも素人ながら思うのですが、過剰なマネーの行き場が無くなって米国で不動産バブルがおこってサブプライムみたいな悲劇がおきた。今はその金が原油や金に流れ込んでいると言うわけですね。ならばマネーの正しい行き場を作ってやればいいわけで、今それは何かと言えば間違いなく「環境」です。それが環境バブルになったとしても、その結果新技術が開発普及し、例えばCO2排出の大幅削減につながれば、(その後例え”環境”バブルが破裂しても)それはそれでよいではないですか。だからエコノミストには「エコ」につながる経済スキーム是非を作っていただきたい。(2008/01/16)

「経済がさらに悪化することを防ぐには、米国が金利を下げなければならないが、そうすれば、石油、金、その他、商品市場のバブルはさらに進む」との分析には説得力がある。いわれてみればなるほどそうだ。じゃ、商品市場のバブル崩壊の引き金になりそうなものはなんだろうか。いつ崩壊するかわからないゆえに生成される点がバブルの本質とはいえ、そこが知りたい。中東和平だろうか? 米景気の底入れがみえたときだろうか? それがわかった時点では、バブル崩壊が過去のものになっているのかもしれないが、竹中氏の分析を待ちたい。(2008/01/15)

会計士さんも同じことを言っていました、結局どうなっていくかは誰にもわからない、私は私の判断する情報を提供するだけなのですと。(2008/01/15)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長