• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

2008年を斬る:激動の国際政治

世界的な覇権体制の多極化が進む

2008年1月16日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

■関連記事:2008年1月9日「2008年を斬る:覇権国アメリカの岐路

 国際政治の世界では、米国の大統領の2期目の最後の1年は、大統領が何をやらかすか分からない要注意の時期だとされている。このことは最近、日本の外務省の高官も非公式の講演で指摘していた。過去30年間で、2期8年続いた大統領はレーガン、クリントン、そして現ブッシュであるが、レーガンは末期にソ連のゴルバチョフと談合して冷戦を終わらせた。クリントンは2期目に中国に急接近し、末期に北朝鮮とも国交を正常化しようとした(任期終了で正常化までいかなかった)。レーガンもクリントンも「米欧日の先進国が、ロシアや中国など反米的な勢力を封じ込める」という冷戦型・欧米中心の世界体制を、任期末に壊そうとした。

 現ブッシュ政権も、欧米中心の世界体制を強化するはずだったイラクやアフガニスタンの占領が崩壊寸前であり、その対策と称して、任期末の2008年には、ロシアや中国、イラン、北朝鮮など「敵方」との宥和を強める可能性がある。冷戦型の世界構造の中で、米国にぶら下がって安定と発展を維持し続けてきた日本にとって、ブッシュが今年、世界の多極化を進めそうなことは要注意である。

 日本のマスコミは、外交も経済も失敗した任期末のブッシュ政権のことより、米国を立て直すかもしれない次の大統領が誰になるかを気にしている。だが、次の政権になる前に、ブッシュ政権の最後の1年の世界的変化の方が重要である。

台頭するイラン、自立する中東

 国際政治の分野では昨年、米国が世界を動かせる力が減退し、G7(先進7カ国首脳会議)など米英中心で世界を運営してきた国際機関の影響力も落ちる傾向が見えだしたが、この傾向は今年も続くだろう。半面、ロシアや中国の発言力が増し、米英に封じ込められていたはずのイランが中東の反米化を煽りつつ影響力を拡大するなど、世界的な覇権体制の多極化が進みそうだ。

 米国は2001年の「9・11」テロ事件以降、好戦的な軍事介入重視の世界戦略を強め、単独覇権主義を掲げ、イラク・イラン・北朝鮮を「悪の枢軸」として政権転覆の対象国に指名し、2003年にはイラクに侵攻して政権転覆を実施した。しかしその後、イラク占領はゲリラ戦の泥沼に陥り、単独覇権主義は急速に失敗色を強めた。米国は昨年、イラク派遣軍を大増強して挽回を試みたが失敗し、もはや米軍がイラクを安定させて成功裏に撤退するのはほぼ不可能になっている。まだ米軍は撤退しそうもないが、これは敗北を先延ばしする意味しかなく、イラク人を反米で結束させるだけである。

 米国は昨年、政府高官がイランの核施設空爆を示唆するなど、悪の枢軸の一員であるイランとの緊張関係を高めたが、12月初めに「イランは2003年から核兵器開発をやめているようだ」という結論の諜報報告書(国家情報評価、NIE)を発表し、その前後からイラン敵視を弱める方向に態度を転換した。

 ロシア、中国、アラブ諸国(サウジアラビア、エジプトなど)は、米国の好戦的な単独覇権主義に迷惑していたものの、米国の強大な軍事力を恐れ、黙っていた。ところが米軍はイラク占領で疲弊し、さらにNIEが発表されて米国がイラン敵視を軽減したため、各国は、米国が弱体化して好戦的な態度を緩めだしたと見て、昨年末から相次いでイランとの関係強化に動きだした。ロシアは延期していたイランの原子力発電所建設への協力を再開し、中国は「イラン制裁はやめた方がよい」と初めて明確に主張し、サウジやエジプトはイランとの友好関係を強化した。

 米国は従来、EU(欧州連合)、アラブ、ロシア、中国をすべてイラン制裁に賛同させ、制裁を強化してイランを弱める方針だったが、この戦略は完全に破綻した。米国では、戦略を転換し、米国がイラン敵視を弱める代わりに、イランはイラクでの反米ゲリラ支援をやめ、米軍の成功裏の撤退に協力するという交換条件で、イランと交渉することが検討されている。ブッシュ政権は今年、イラン敵視をやめてイラクを安定させようとするかもしれない。ブッシュがやらなければ、来年からの次期米政権がそれをやるだろう。

コメント10件コメント/レビュー

多極化の方向に向かっているという意見には賛成です。但し資源(石油)と宗教という2つの要因で将来この地図が変動してゆくことは考えられます。産油国で石油が出なければ力が無くなり、中国も石油など資源が手に入らねば大国になれなません。しかし短、中期的に田中氏のいわれるように動いてチャンスということもあるが、果たして日本の現状で多極間で有利な展開は可能でしょうか。今の日本は金だけあるが本当の力はないのでこのままではアメリカ離れは出来ないのではないでしょうか。本来の実力を発揮するには防衛力はまず自前であること、食料自給率が高いこと、自国の通貨を世界に認知させることなどを目指して普通の国になれるのではないでしょうか。私はアメリカ離れをするのでなく日本が普通の国になりながらアメリカとの関係をよりよくしてゆく方が良いと思います。多極化といってもアメリカは欧州とは色々あっても血縁関係みたいなもので何かの時には協力するでしょうし、イスラム社会の結束も強いですね。残念ながらアジアは未だしで日本も強い味方が欲しいですが今はいません。従って日本のスタンスはアメリカと協力しながらまずアジアの繁栄に力を注いでゆくべきだと思います。(2008/01/18)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

多極化の方向に向かっているという意見には賛成です。但し資源(石油)と宗教という2つの要因で将来この地図が変動してゆくことは考えられます。産油国で石油が出なければ力が無くなり、中国も石油など資源が手に入らねば大国になれなません。しかし短、中期的に田中氏のいわれるように動いてチャンスということもあるが、果たして日本の現状で多極間で有利な展開は可能でしょうか。今の日本は金だけあるが本当の力はないのでこのままではアメリカ離れは出来ないのではないでしょうか。本来の実力を発揮するには防衛力はまず自前であること、食料自給率が高いこと、自国の通貨を世界に認知させることなどを目指して普通の国になれるのではないでしょうか。私はアメリカ離れをするのでなく日本が普通の国になりながらアメリカとの関係をよりよくしてゆく方が良いと思います。多極化といってもアメリカは欧州とは色々あっても血縁関係みたいなもので何かの時には協力するでしょうし、イスラム社会の結束も強いですね。残念ながらアジアは未だしで日本も強い味方が欲しいですが今はいません。従って日本のスタンスはアメリカと協力しながらまずアジアの繁栄に力を注いでゆくべきだと思います。(2008/01/18)

米国がイラクから撤収するのは時間の問題になってきていると考える。しかし、どんな撤収の仕方が考えられるのだろうか。後の治安は大丈夫なのだろうか。イスラエルとイランの敵対関係。トルコとクルド人の関係。アフガンに潜むテロ集団とパキスタン。不安定な要素はゴロゴロしている。多極化そのものについては否定しないが、世界は環境問題を考えながら有限の資源に対して、グロ-バリゼ-ションのベ-ルの下で有力国は資源に対する権益確保に動いている。誰でも金を払えば市場で買えるように市場に出てくることを保証出来るのだろうか。かって、経済的利権の確保の為に植民地を広げた時代に姿を変えて戻っていると言えないだろうか。武力・経済力を兼ね備えたプレ-ヤ-は米・EU・ロ・中国である。ブラジルは自給自足できるかもしれない。インドは資源を他に頼る必要はあるだろうが、武力闘争するよりガマンを選ぶかもしれない。日本は今は金が有るが、力は無い。多極化時代と言うのは住み易い世界なのだろうか。マスヤジ`08.1(2008/01/17)

4~5年前だったら筆者の展開する論は、異端視されたであろう。しかし、その後の国際情勢はどうか、その多くは田中宇氏の唱えた方向に動いている。特にイスラエルとアメリカ及び中東情勢の分析は他の追随を許さないほど正確だった。氏は以前から米英を通じてしか世界を見ない日本に警鐘を発していた。今や世界はアメリカ単独覇権から欧・中・露・中東が米英に割り込んで来た。さあ、日本はどうする。例えは悪いが、長年アメリカの愛人ととして関係を続けて来た日本だが、年齢と共に容色とみに衰えが目立って来た。あなたがアメリカならここでどうする。情は残るが、若さと将来性豊かな魅力的な競争相手が現れたら・・・新しく生きる道を模索する度胸がこの「老大国」日本に残っているのだろうか、30年後私に命があったら「そのとき歴史は動いた!2008年ニッポン」という番組を見てみたいものだ。   ごまめ(2008/01/17)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長