• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

アサヒビール

伸び悩むビールを飲料強化でカバー

2008年1月16日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 年初、アサヒビール(2502)は、今年のビール系飲料(ビール、発泡酒、第3のビール)の販売量で2007年より1.8%下回る目標を発表した。

 ビール系飲料の販売量は2005年から減少傾向にある。2007年は販売20周年のビール「スーパードライ」で大規模な販売促進をかけ、発泡酒と第3のビールで新製品攻勢をかけたことで、どうにか前年並に収まった。

 2007年は販売数量では7年連続でビール系飲料のシェアトップを死守したものの、今年の雲行きは怪しい。アサヒの強みである飲食店でのビール販売の落ち込みが続き、3月に予定している値上げによる消費離れの懸念もある。

 「今後、国内ビール市場は成長しない。少なくとも大きく伸びることはない」とアサヒビールの荻田伍社長は悲観的な見通しを語った。

市場は値上げに好感

 一方、株式市場はビール系飲料の値上げに好感している。2007年10月31日、キリンビールが他社に先駆け18年ぶりの値上げを発表すると、収益力向上の期待からビール会社の株価は総じて上昇した。アサヒの株価は10月30日の1843円から11月5日には一時2000円をつけ、1998円で引けた。

 11月30日にはアサヒも今年3月からの出荷価格の値上げを発表する。値上げには難色を示している小売も多く、すんなり進むかどうかは分からないが店頭で3~5%程度価格が上昇する見込みだ。

コメント0

「NB100」のバックナンバー

一覧

「アサヒビール」の著者

宇賀神 宰司

宇賀神 宰司(うがじん・さいじ)

日経ビジネス記者

日経クリック、日経ベンチャー(現・トップリーダー編集などを経て、2007年1月から日経ビジネス編集記者。流通、中小ベンチャー、マネジメント、IT(情報技術)を担当する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官