• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

危機感駆動型ニッポンの危機!?

ネガティブなニュースの濁流に流されるな

  • 竹中 正治

バックナンバー

2008年3月12日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2003年、米国ワシントンDCに赴任し、DCに隣接するメリーランド州のカーディーラーで自動車を買った時のことである。購入してから2~3日後に自動車メーカーから顧客満足度アンケート(Customer Satisfaction Survey)にご協力くださいと電話がかかってきた。販売店のサービスに対する購入者の満足度を調査するものである。

 諸項目について「素晴らしい(Excellent)」「とても良い(Very Good)」「良い(Good)」「普通(Fair)」「不満足(Unsatisfactory)」の5段階評価で選べと言う。普通に満足していたので「とても良い」と「良い」を中心に「素晴らしい」も少し交ぜて回答した。

褒める米国、けなす日本

 1~2週間してから、販売店の営業担当者から私に電話があり、「買った車に何か問題がありますか?」と聞かれた。「問題ないよ。新しい車を楽しんでいるよ」と答えると、「それじゃ、満足度調査でどうしてあんなに悪い評価をくれたのですか?」と言う。

 「悪い評価なんて回答してないよ。おおむね“とても良い”と“良い”で答えたよ」と言うと、「あんた! そりゃひどいスコアってことだよ」と愚痴られた。「素晴らしい(Excellent)」以外は「問題あり」のバッドスコアなのだそうだ。

 だが、日本人はよほど感動でもしない限り「素晴らしい」なんて言わない。

 これは顧客満足度調査に限った話ではない。学校で先生が生徒を指導する時も米国では「Excellent! Great! Perfect!」の連発である。ゴルフ練習場でもお父さんが小学生の息子にクラブを振らせて、ちょっとでもボールが前に転がれば、「Excellent! Great! Perfect!」を連発している。日本人だったら上手にできても「よくできた(Well done.)」でおしまいだ。

 米国で数年育った帰国子女が日本の学校でよく感じる不満は、「学校の先生が全然褒めてくれない」ことだという。これは企業でも同じであり、海外の日系企業で日本人上司と部下の米国人の間で相互不理解の原因によくなる。

 日本人上司は米国人スタッフの勤務態度や実績に特に問題を感じていない場合でも、米国人スタッフは「日本人上司が自分のことを全く評価してくれていない」と感じて不満を鬱積させる。

「危機感が足りないぞ、おまえ!」と子供に言う異様さ

 要するに米国人は相手のパフォーマンスを評価する立場にある場合、ポジティブな表現に気前が良く、日本人は極めて禁欲的である。その反対にネガティブな表現を米国人はあまり使わない。最悪でも「OK」であり、それ以下の表現は相手と喧嘩する(あるいは部下ならクビにする)つもりでなければ普通は使わない。米国映画を見ていると頻繁に「fuck you」なんて台詞が出てくるので、米国人は気軽に罵り合うようなイメージを抱いているとすれば、それはちょっと違うのだ。

 一方、日本人の方が職場や教育現場でもネガティブな表現を気軽に使う。学校の先生が勉強の足りない受験生に「危機感が足りないぞ、おまえ!」なんて言うのは常套句だろう。

 表現に関する文化的な違いと言ってしまえばそれまでであるが、どうも根がもっと深いのではないだろうか。日本人の某教育アドバイザーがある雑誌で、生徒の親と面談した時のことをこう書いていた。

 「自分の子供の良いところを3点挙げてくださいと言うと、困ってしまって真剣に考え込む母親が多い。反対に良くない点を挙げてくださいと言うと、自信あり気にスラスラと答える。困ったものだ。お母さんにはもっと子供をポジティブに見る眼と言葉を持って欲しい。それが子供の内発的な動機を高め、向上感、有能感、他者受容感、自尊感情を育てることになる」

「危機」「崩壊」の文字で溢れ返る日本の経済誌

 最近の日本の経済誌の表紙を思い出してみていただきたい。「危機」「崩壊」などの見出しがなんと多いことか。

 そこで実際に数えて比較してみた。日本の週刊経済誌(エコノミスト、東洋経済、ダイヤモンド)と米国のBusiness WeekとTIMEの2007年1年間の表紙の見出しから、明らかにポジティブ、ネガティブと分類できる用語を拾った。

コメント42件コメント/レビュー

「日本の評論家は欠点ばかり網羅して長所をまったく見てくれない」クラシック音楽家やバレリーナが日ごろ嘆いている日本人観客・評論家の特徴です。欧米の観客は良い点を先ず列挙し誉めるので、やる気が出て良いエネルギーが貰えるそうです。日本もそろそろ誉める文化に変わりませんか?欠点を挙げ連なるより長所を指摘した文化のほうが、たった一度の人生を楽しく送れるのは確かのように思います。(2008/03/15)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「日本の評論家は欠点ばかり網羅して長所をまったく見てくれない」クラシック音楽家やバレリーナが日ごろ嘆いている日本人観客・評論家の特徴です。欧米の観客は良い点を先ず列挙し誉めるので、やる気が出て良いエネルギーが貰えるそうです。日本もそろそろ誉める文化に変わりませんか?欠点を挙げ連なるより長所を指摘した文化のほうが、たった一度の人生を楽しく送れるのは確かのように思います。(2008/03/15)

興味深い考察ですが、日本(人)=危機感駆動型、米国(人)と単純に割り切れるものでしょうか?私のこれまでの体験を顧みると行動の原点は危機感でも、途中からは希望が原動力となることがしばしばありました。危機感は共有化され、克服すべき目標となるので、個人の行動はもちろんのこと、集団の行動(経済活動、政治、戦争)においても顕在化しやすいが、希望は共有化されにくく、必ずしも達成すべき目標とはなり得ないというのがこれまでの人生経験から得た考察です。個人の行動と集団の行動を後押しする力は本質的に異なるものだと考えます。(2008/03/15)

フィギュアスケートの安藤美姫が低迷していたときのコーチは褒めて育てるタイプだったとのこと。彼女は褒められても自信が持てず、自立性を尊重されて体重管理に失敗したが、「厳しい」コーチに変わってから世界女王に上り詰めた。色々と理屈はつけられるとは思うが、以前の安藤選手は不安に押しつぶされていたのが素人目にもわかり、痛々しさがあった。今は内面の自信が外ににじみ出ていて、成長を感じる。厳しいだけでも褒めるだけでもいいとは思えない。ありきたりだがバランスが大事なのではないだろうか。(2008/03/14)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授