• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ミニット、CRMで収入の多角化や出退店戦略の高度化を推進

まず無料メール会員で1万人の“ファン”獲得

  • 杉山 泰一

バックナンバー

2008年4月10日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「ミスターミニット」の名称で靴修理チェーン店を展開するミニット・アジア・パシフィックが無料メール会員を集めてCRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)に乗り出している。まず無料メール会員サービス「@MINIT」への登録を勧める活動に取り組んだところ、2008年2~3月の2カ月間で、1万人の“ファン”を獲得することに成功した。

 ミスターミニットは5~10分程度の短時間で、パンプスの傷ついたつま先や折れたヒールなどを修理できるのが売りで、特に首都圏で働く女性に抜群の知名度を誇る。2000年以降、不採算店を閉鎖する一方で、新宿駅や池袋駅といった首都圏の主要駅の改札付近などに2~3坪の超小型直営店で出店攻勢をかける「ドミナント(支配的)出店」を進めて、業績回復に成功したことで知られる。(関連記事「靴修理大手「ミスターミニット」の復活秘話」 )。

 2007年12月末時点で、ミスターミニットは全国に260店(直営店が198店)あり、このうち43店が駅改札周辺にある。年間でのべ400万人程度が利用している。

 ここ数年、同社の業績は好調だ。2007年3月期は売上高64億円、営業利益10億円弱で4期連続の増収増益だった。直近の2008年3月期も増収増益を見込む。2百数十億円規模の靴修理市場で3割近いシェアを誇るといわれる。

 出店戦略を見直して業績好調な同社だが、固定客を作る活動がこれまで手薄だった、顧客の多くは靴修理の必要が生じた時しか店舗に足を運んでくれない。新サービスや割引などのキャンペーンを知らせる手段はこれまで店頭に限られた。ミスターミニットは靴修理だけでなく、靴の部品の交換や補強やクリーニング、鞄修理、合い鍵作成、ケア商品の販売なども手掛けているが、靴修理以外の様々なサービスやキャンペーンを効率よく告知できる手段がなかった。

 そこで、まず無料メール会員を募ることにした。@MINITプロジェクトを統括するマーケティング部の戸田隆行部長は、「百貨店内や駅改札付近に多い当社の店舗の椅子に座って待っているお客様は、携帯電話を操作していることが多い。二次元バーコードを使って携帯電話で簡単に登録できる仕組みを店舗に用意すれば、会員を獲得しやすい」と仮説を立てた。

コメント0

「日経情報ストラテジー発ニュース」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人は何か自信を持って誇れるものを持っているはずです。

為末 大 元プロ陸上選手