• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

第3回 進む成田パッシング

2008年5月9日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 陸上のトラック競技に例えるなら周回遅れ──。それが、世界における日本のオープンスカイ政策の現実だと酷評される。

 目下、アジアでは欧州路線をはじめとしたゲートウエイを目指し、ハブ空港の覇権争いが展開されている。しかし、実はそのレースに、日本の空港はエントリーされていない。

 中国や韓国、シンガポールなど、目覚ましい発展を遂げるアジアの主要各国の空港は、既に日本を相手にしなくなったという声すら上がっている始末だ。日本の航空政策は、それほど時代の趨勢に乗り遅れているのだという。

米国発アジア路線、日本経由便は38%から28%に減少

 下の財団法人「運輸政策研究機構」資料をご覧いただきたい。テーマは「日米路線はアジア・ゲートウエイの役割を果たしているか」。過去、対米国におけるアジアの玄関口として繁栄してきた日本の空港の現状を分析した指標だ。

 1995年と2006年の米国アジア路線について、「日本経由のトランジット便」と「日本以外の経由便」「アジア各国への直行便」に3分割。これによると、1995年に38%を占めていた日本経由便が、10年後には28%に落ち込んでいる。

 翻って米国からアジア各国への47%の直行便は62%に急増。それだけ米国から日本を飛び越えてアジア各国に向かっている乗客が増えたということになる。この間、日米路線において、新しくオープンした関西国際空港や中部国際空港といった大型空港はほとんど利用されていない。これが、アジアの極東で、最も米国に近い玄関口にある日本の空港のありさまなのである。

 換言すれば、日米路線においてさえ、他のアジアの空港が台頭してきた証左と言える。例えば2006年の旅客総数で見ると、隣の韓国仁川空港は2819万人で、成田空港は3395万人。2001年に開港したばかりの仁川空港に、今年で開業30年の成田は猛追されている。ロサンゼルスやシカゴの空港から、仁川を目指す便が急増しているのだ。

300人以上参加の国際会議の開催数は中国、韓国に追い抜かれる

 むろん、空港整備に力を入れているのは韓国だけではない。中国やシンガポール、マレーシアやタイなど、大規模な国際空港建設が進み、オープンスカイ時代の波に乗っている。そして、空港の開放は経済発展を促す。乗客の出入りが多くなれば、それだけ経済が活性化するのは自明だ。

写真は上海国際会議中心(Shanghai International Convention Center)

写真は上海国際会議中心(Shanghai International Convention Center)

 ごく分かりやい例で言えば、国際会議の開催が増える。国際観光振興機構(JNTO)の2007年版白書によれば、2001年の参加者300人以上の国際コンベンション開催件数は日本が233件で世界12位だった。国際会議は歴史的に見て上位を欧米が占めるため、10位以下なのは仕方ない。この年のアジア諸国を見ると、中国は16位で168件、韓国は18位で134件だった。

 ところが、わずかその5年後の2005年には日本が逆転されているのである。中国が11位に入り、韓国が14位、日本は17位に落ち込んでいる。これが何を意味するのか。むろん空港の拡張と直接の因果関係が証明されているわけではないが、少なからず影響があったのは間違いない。この間、アジア諸国の空港事情はそれほど激変しているのである。

 今回は、そんなアジアの主要空港の変貌を見てみる。

成田は年22万回、韓国の仁川は41万回

 まず、アジアの主要空港の能力を比較してみる。現在、4000メートルと2180メートルの滑走路により、19万回の発着処理能力を持っている成田空港は、2本目の滑走路が来年2500メートルまで延長され22万回になる。

コメント16件コメント/レビュー

日本は狭いので、ハブが必要ないと言っている人が多いが、それは近視眼的な意見だと思う。地方空港からソウル経由で海外に出ている旅行者・出張者がいかに多いことか。日本でも国際的なハブならば、十分需要があるはずだ。また、国内線だけのハブ空港は必要無いのかもしれないが、海外乗り継ぎ連絡ハブ空港としての需要はあると思う。そうすると、やはり成田の滑走路延長と国内線ターミナル新設、国内線乗り継ぎ便ネットワーク拡大と増便、及び将来的に滑走路を更に2本程度増やすこと。羽田の距離制限無しの国際空港化と、将来の滑走路を更に2~3本増やすことをセットで考えれば良いと思う。財源は、高速道路3,500kmの建設を凍結して廻せば良いでしょう。もちろん10年,20年の計画を立てて、段階的に需要動向を見ながら実行に移すべきだと思う。(2008/05/14)

「閉ざされた日本の空」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

日本は狭いので、ハブが必要ないと言っている人が多いが、それは近視眼的な意見だと思う。地方空港からソウル経由で海外に出ている旅行者・出張者がいかに多いことか。日本でも国際的なハブならば、十分需要があるはずだ。また、国内線だけのハブ空港は必要無いのかもしれないが、海外乗り継ぎ連絡ハブ空港としての需要はあると思う。そうすると、やはり成田の滑走路延長と国内線ターミナル新設、国内線乗り継ぎ便ネットワーク拡大と増便、及び将来的に滑走路を更に2本程度増やすこと。羽田の距離制限無しの国際空港化と、将来の滑走路を更に2~3本増やすことをセットで考えれば良いと思う。財源は、高速道路3,500kmの建設を凍結して廻せば良いでしょう。もちろん10年,20年の計画を立てて、段階的に需要動向を見ながら実行に移すべきだと思う。(2008/05/14)

成田建設時の経過(御料牧場の跡地を中心に建設等)強制収用のしこりなどがポイントになって、何が何でも成田にこだわっているとしかいいようがないかと思います。(京成線の新ルートも、運賃を考えると、いかがかと思われます。)横田・厚木などの施設共用も考え、実態に即した対応が問われてくるでしょう。(2008/05/12)

どなたかもご指摘の通り、「どうしてハブ空港が必要なのか」その理由が明確でないと思います。競争のための競争をしても仕方ないですから。但し、利用者の観点から見てとんでもなく不便な成田がこのままでいいはずがありません。公益のための私権の制限問題が根本にあると思いますが。TT(2008/05/11)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授