• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ABC Cooking Studioが食品メーカーとのタイアップ強化

20万人の女性が集まるガラス張りの料理教室で試供品配布

  • 川又 英紀

バックナンバー

2008年5月8日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 女性専用の料理教室を全国で102カ所運営するABC Cooking Studio(以下ABC)が2008年5月から、食品メーカーなどとのタイアップ事業を強化し始めた。「ガラス張り」の料理教室に通う20万人以上の生徒にメリットがある商品であれば、タイアップするメーカーの試供品配布にABCが無償で協力する。

 ABCは料理教室に集まる20~30代の若い女性に食材などの試供品を積極的に配布することで「お得感」を演出しつつ、一方でタイアップしたメーカーには主な顧客ターゲットである「F1層(20~34歳の女性)に新商品を知ってもらう機会を提供する。ABCは会社帰りのOLや主婦が毎日集まってくる料理教室という「場」の力を最大限に生かし、生徒とメーカー、そしてABCの三者すべてにとって料理教室がより価値ある場所になることを目指す。

 これまでABCは料理教室を介したタイアップ事業でメーカーから一定の料金を徴収していた。だが、5月以降は特別な配布条件を伴わない試供品の配布に限って、メーカーからの料金徴収をやめることにした。その代わり、生徒にとって有益な試供品の配布機会を大幅に増やしたい考えだ。

 試供品の配布に協力するメーカーにしてみても、食べ物に関心が高い若い女性に新商品をまず1回食べてもらうことは、大きな意味がある。食品はとにかく一度食べてもらわないことには、なかなか「ブランドスイッチ」が起こらない商品といわれているからだ。試供品の配布をきかっけに最初の一口が始まり、そこから「おいしい」との口コミが広がれば、新商品に女性たちの目が向く可能性がある。

 ABCの片岡善樹リアルマーケティングカンパニープレジデントは「最近の口コミの発生源になっているブログの書き込みは、その半数以上が日々の食べ物についての内容で占められているといわれる。ABCでもらった試供品を食べてみておいしければ、女性たちがブログに書き込んで自然に紹介してくれる可能性が増すはず。そこから口コミが広がっていく」と話す。

 ABCはこれまで、メーカーとのタイアップ事業を別会社化していたABC Cookingリアルマーケティングで扱ってきた。しかし、2008年4月1日付で同社をABC本体に吸収。本業である料理教室の運営強化の一環に据え直した。今回の試供品配布の機会拡大は、新展開の最初の一手になる。

メーカーはレシピ開発のタイアップ復活に期待

 1987年の創業から20年が経過したABCにおいて、メーカーとのタイアップ事業の歴史は古い。既に13年前から料理教室で使う生徒向けのオリジナルレシピ開発にタイアップしたメーカーの食材を盛り込むことで、生徒に新商品を知ってもらう機会を提供してきた。これまでに200社以上のメーカーとタイアップした実績がある。

 ABCは、料理が苦手な女性でも自宅で簡単に再現できるメニューの開発と、社員自らが描くイラスト入りのレシピ作成に定評があるが、そのレシピにタイアップした食材を盛り込んで購買を促してきたのだ。夫や恋人に習ったばかりの料理を披露したい女性は失敗を避けたいがために、レシピに書かれた通りに食材を買い求めて料理をする傾向が強く、タイアップ効果は非常に大きい。こうした女性心理を突いたタイアップは、食品メーカーから好評を博していた。

「日経情報ストラテジー発ニュース」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授