• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

今こそ地方分権改革を徹底せよ

丹羽宇一郎・伊藤忠商事会長が唱える「国のかたち」

  • 谷川 博

バックナンバー

2008年5月8日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

国から地方への権限委譲を検討している首相の諮問機関「地方分権改革推進委員会」が5月中にも「第一次勧告」を行う見通しだ。これまでの同委の活動では、国土交通省の地方整備局や農林水産省の地方農政局など、地方各地に点在する中央官庁の「出先機関」の見直し問題も議論の俎上に上っている。こうした地方分権改革に対する省庁の抵抗は激しく、同委の苦戦も予想される。だが、同委員長の丹羽宇一郎・伊藤忠商事会長は「むしろ抵抗が強いほど心強い」と語る。その真意を聞いた。
(聞き手は日経ビジネスオンライン記者、谷川博)

問 地方分権推進委の主張する「国の出先機関の見直し」に対する省庁の抵抗は根強いようですね。委員長の丹羽さんは省庁の抵抗をどう見ていますか。

丹羽 「ふざけている」としか言いようがない。

丹羽宇一郎・伊藤忠商事会長

丹羽宇一郎・伊藤忠商事会長
写真:清水盟貴

 国の出先機関の見直しについて、中央官庁が「ゼロ回答」をしたのは実にケシカラン。彼は国のことを考えていない。彼らの念頭にあるのは、いつも自分の省庁のことばかり。彼らは、「国家のため」という志を忘れている。

 僕は時々彼らに言うんだ。「あなたは本気で国のことを考えているのか」と。そして、委員会の席でも「なぜ、あなたはこんな常識的なことに対して『そうじゃない』といつまでも言い張るのか」と問いただしたこともある。

 例えば、委員会で国土交通省関連の出先機関の見直しについて議論した時のこと。我々が「国で管理するのと県で管理するのとでは木の育ち方が違うのか」と皮肉混じりで尋ねたら、何とその役人は堂々と「違います」と言い放った。僕はつい言ってしまったね。「君たちね、本当にマジメにやっているのか」と。

 もうね、理屈を超えた話なんですよ。

 要するに、彼らは「(委員会で)よく頑張ってきたな」と上司から褒められたいだけなんです。委員会で何と言われようが、自分の“省益”を必死に守って、「私はこんなに頑張った」と胸を張って省庁に凱旋したいわけですよ。

 逆に、もし彼らが我々委員の考えに賛同するようなことを言えば、どうなると思いますか。自分の省庁に戻った時に「代表として委員会に送ったのに、よくもあんな発言をしたな」と上司や同僚からとっちめられる。

 だから、彼らは自分の出世や保身を考えれば、論理がムチャクチャであろうと何であろうと、とにかく“省益”を守ることしか言わない。彼らには「国家のため」「国民のため」という意識が完全に欠落しているわけですよ。

中央官庁の官僚の辞令交付は首相名で行え

問 かねて霞が関(=中央官庁)については「省益あって、国益なし」と批判されてきましたが、いまだに各省庁の官僚がそのような態度を取り続けているということは、彼らはまったく反省してこなかったとも言えますね。

コメント18

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

グローバル市場でいい仕事をしたければ、まず「世界に通用する見識」を磨くことだ。

中谷 巌 「不識塾」塾長、一橋大学名誉教授