• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

救急車“たらい回し”に拍車も

厚労省が進める医療版“事故調”に潜むワナ

  • 永井 央紀

バックナンバー

2008年5月8日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 国土交通省の失政の二の舞いか――。今、厚生労働省が進めているある政策に対して、こんな疑念が渦巻いている。建設業を所管する国交省と、医療を担当する厚労省。一見、関係が薄そうな2つの官庁だが、社会問題の解決を目的にうたった政策の副作用に、共に頭を悩ましている。

Image

「医療現場の危機打開と再建をめざす国会議員連盟」が4月12日に開いた第1回シンポジウム。超党派の150人近い議員で構成するため、医療政策のけん引役になるかもしれない。

 国交省の失政とは、言うまでもなく2007年に施行した改正建築基準法だ。耐震偽装事件を受けて建築基準法を改正したものの、手続きを厳しくしすぎて現場が混乱。住宅着工件数の急減を引き起こし、昨年10~12月だけでGDP(国内総生産)を0.3%引き下げるなど、6年間続いていた景気拡大に冷や水を浴びせた。耐震偽装の再発を防ぐという目的に異論はなかった。だが、その内容は現場の声を無視した形で作られ、重い副作用を起こした。同じようなことが、医療行政でも起きるのではと危惧されているのだ。

 厚労省が進めているのは、医療版事故調査委員会と呼ばれる新組織の設立構想。鉄道・航空事故が起きた時に原因究明や再発防止のために出動する事故調査委員会のような機能を、医療事故にも備えようというものだ。医療を巡る訴訟が急増する中で、患者や遺族から、そうした組織の設置を求める声が高まっていた。

ミスの説明をしない病院

 「患者や遺族が一番知りたいのは、どうして事故が起きたのかということ。しかし、病院側はなかなか明らかにしてくれない」

 1999年に妻を医療事故でなくした永井裕之さんは、遺族が抱える悔しい思いをこう語る。妻は左手中指の手術中に消毒液を点滴される医療ミスで亡くなった。しかし、永井さんに病院からの詳しい説明はないまま。死亡原因や病院側の隠蔽が判明したのは、その後の裁判によってだった。

 「遺族はほかに方法がなくて、仕方なく裁判を起こしている。原因究明してくれる第三者による調査機関があれば裁判に頼らずにすむ」と考える。事故調はこうした第三者による専門的な調査機関になるとの期待が高まっており、その設立自体に反対する意見はほとんど聞かれない。

 だが、昨年、厚生労働省が公表した試案には、現場の医師から強い批判の声が上がった。そこに、事故調が出す調査結果が医師の刑事訴追にも使われるとの内容が盛り込まれたため、「原因究明や再発防止よりも、医師の責任追及に重心が置かれている」と受け止められたのだ。

 関東地方の基幹病院に勤める外科医は胸中を次のように打ち明ける。

コメント7件コメント/レビュー

事故の刑事責任追及について議論してこなかったつけがきているような気がします。(2008/05/23)

「ビジネス・政策道場」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

事故の刑事責任追及について議論してこなかったつけがきているような気がします。(2008/05/23)

医者の特権階級意識ってのは未来永劫なくならないモンでしょうね。「医療は不確実な要素が多い」??「予想外の反応を示す事がままある」??はぁ??ですね。確実で予想通りの反応しかしないのなら機械に任せますよ。なんで人間が携わってるのか?その場その場での状況判断が必要だからでしょ?そんなのどんな仕事でも同じですよ。「いやいや医療はそうじゃない、人の命を云々・・・」って声が聞こえてきそうです。例えばバスやタクシーの運転手だって人の命と安全がかかってる状況で不確実で予想外の事が起こりえる一般公道で毎日従事してるんですよ。製造業でも自分の組立作業一つ、設計ミス一つで人命に関わるんですよ。なにも医者だけが「貴」な職業に就く「選民」じゃないって事にいつになれば気が付くんでしょう?当たり前の事を当たり前にすればよいだけですよ、医者以外がしてるように。医者も頑張れば多分出来ると思いますよ。今の医者にもそれ位の能力は残ってるのでは?(2008/05/08)

耐震偽装の時もそうだったが、今回の問題も国民は政府に押し付けすぎるのではないか。耐震も基準を作っておき、それに違反していたのがわかったときは免許の取上げ、財産の没収をするという極刑を作ったらどうか。大事な建物を購入しようと思ったら信用の置けるところのものを買えばよいのだ。そうすれば新しく出てくるところは信用を得ようと努力するだろう。医療問題も救急車のたらいまわしが問題になるが、救急車が行くのも大変な場所に好きで住んだ人をどう扱うのか。普段、勝手放題の生き方をし、体がボロボロになっているような人間の治療が、急に駆け込んできて治療が完全にできるのだろうか。矢鱈に税金を使う組織を作ると、それが自分達と子供達の負担に跳ね返るのだ。問題があったときに調査し、悪ければ厳罰を与える。訴訟されるのが嫌で医者になり手が居なくなれば、自費で外国へ行き、治療を受けるか、自然死を選択せざるを得なくなるのでは。マスヤジ`08.5(2008/05/08)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授