• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

急増する覆面調査員

消費低迷の打開策、プロ野球や銀行も

2008年5月13日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「今日はガソリンスタンドの案件を調査してきました。私はあまりトイレは利用しないんだけど、きれいね~」

 4月下旬、2人の高校生の子供を持つ東京在住のある主婦は、ブログにこんな日記を書いた。彼女は「ミステリーショッパー」。調査会社からの依頼を受けて実際に顧客として店舗を訪れ、帰宅後、インターネットでアンケートに回答して、数千円の報酬を得る覆面調査員のバイトである。

その正体は小遣い稼ぎの主婦

 今、20代から30代の主婦層を中心にミステリーショッパーが全国に急増している。少しでも財布の紐を締めたい主婦が実益を求め、覆面調査員の募集サイトに群がっているというのだ。

 登録会員数が最も多い老舗の調査会社、日本エル・シー・エー(LCA)では、今年に入ってから新規の登録者数が月間4000人を超え、累計の登録者数は14万人以上に達した。調査案件を専用のサイトに掲載し、希望者の中から抽選で調査員を決めるが、その倍率は250倍に達することもあるという。

 アールオーアイ(東京都新宿区)は、覆面調査員募集サイト「Fancrew(ファンくる)」を昨年7月に立ち上げたばかりだが、会員数は既に9万人を突破。今年4月の増加ペースは1日に200~300人と、月間1万人の規模で増え続けている。各社とも広告などを使った目立った募集はしていないものの、冒頭のようなブログを中心に口コミで話題が広がっているのが現状だ。

 「お小遣い稼ぎ」に加えて、調査内容が多様化していることも人気を後押ししている。もともとミステリーショッパーの市場は外食産業から始まって定着していたが、ここにきて調査対象が非外食へと広がりを見せており、選ぶ楽しみが増えているのだ。

 ファンで賑わう千葉ロッテマリーンズ(ロッテ球団)のホーム、千葉マリンスタジアム。ここに5月中旬から、係員やショップの店員の対応をつぶさにチェックする調査員が紛れることになる。球場へ訪れるファンへのCS(顧客満足度)向上を狙い、ロッテ球団が日本LCAへ5月からの調査を依頼したためだ。

 日本LCAでは、ほかにも、家電量販店やドラッグストア、ブランドショップなど、小売り全般からの依頼が増えており、需要は旺盛だという。

コメント2

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「急増する覆面調査員」の著者

井上理

井上理(いのうえ・おさむ)

日経ビジネス記者

1999年慶応義塾大学総合政策学部卒業、日経BPに入社。以来、ネット革命などIT業界やゲーム業界の動向を中心に取材。日本経済新聞への出向を経て2014年4月より日経ビジネスの電機・ITグループ

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員