• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「報酬は成功時に下さい」

三菱商事の新コンサルティング会社が始動

2008年6月4日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 成功報酬方式を強く打ち出すビジネスコンサルティング会社が登場する。三菱商事がRHJインターナショナル(RHJI、旧リップルウッド・ホールディングス)と合弁で5月9日に設立した「シグマクシス(SIGMAXYZ)」である。新会社はIT(情報技術)を使って、顧客企業の新事業創出や経営革新を支援し、プロジェクトの成功に応じて報酬を受け取る。コンサルタントの生産性向上に配慮した新オフィスを開設する9月以降、事業を本格的に始める。

 コンサルティングやITの業界では珍しい成功報酬方式にあえて取り組むのは、「顧客のビジネスに価値をもたらすところまでお供する」(三菱商事の小松孝一常務)姿勢を見せることで、競合他社と差別化するためだ。新会社のCEO(最高経営責任者)に就いた倉重英樹RHJIジャパン会長は、「顧客の要望を尊重しつつ、いくつかの成功報酬方式を使い分け、提案していく」と説明する。

 「在庫を▲%削減する」といったゴールが明確なプロジェクトの場合は、在庫削減額の一定割合を報酬として受け取る方式が取れる。これが最もハイリスク・ハイリターンな契約になる。

 よりリスクが少ない方式としては、プロジェクトにかかったコストを顧客に保証してもらい、さらに在庫削減額の一定割合をボーナスとして受け取る。「新事業の戦略立案支援」など結果を数字で表しにくい案件の場合は「顧客が成果物に満足したら当初決めた報酬額に上乗せして支払う」といった条件を提案していく。

コメント0

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「「報酬は成功時に下さい」」の著者

谷島 宣之

谷島 宣之(やじま・のぶゆき)

日経BPビジョナリー経営研究所

一貫してビジネスとテクノロジーの関わりについて執筆。1985年から日経コンピュータ記者、2009年1月から編集長。2013年から現職。プロジェクトマネジメント学会員、ドラッカー学会員。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

社長に就任してずっと言っているのが ファンダメンタルズの強化。

安形 哲夫 ジェイテクト社長