• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

子供をネット犯罪から守るのはだれ?

フィルタリングより有効なプロの“ネット教育者”の育成

  • 篠原 匡

バックナンバー

2008年6月9日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 特定サービスの閲覧を防ぐ「フィルタリングサービス」の導入を、携帯各社に義務づける――。与野党は2日、こうした対策を柱にした新法案に合意。今国会での提出と成立を目指す。出会い系サイトなどを通して犯罪に巻き込まれる子供は後を絶たない。そうした現状、ネット安全教育のプロを育てる試みが、大阪で始まっていた。

 大阪府と奈良県の県境にある大阪教育大学柏原キャンパス。5月23日、同キャンパスの「C-5 306号室」では、小中学校の教師を目指す大学生を相手に、一風変わった授業が繰り広げられていた。

写真1

大阪教育大学柏原キャンパスの「C-5 306号室」では、教員を目指す大学生が即興の寸劇を披露していた
(写真:山田哲也、以下同)

大学生A:「(携帯電話を眺めながら)めっちゃ、面白いねん」

大学生B:「何してんのん?」

大学生A:「(学校裏サイトの)書き込みや。おれら、これやってんねん。全然、バレへんからお前もやってみろや」

大学生B:「わっ、めっちゃ書かれとる。何や面白そうやわ。よっしゃ、勢いにまかして書いたれ。『死ね死ね死ね死ね』。あー、すっきりした。おい、お前もこれ書いてみいや。すっきりするで」

大学生C:「あっ、ああ」

 そして翌日――。

大学生B:「ところで、昨日の書き込み、あれ誰の悪口やったん?」

大学生A:「お前、知らんで書いとったんか。CやC」

大学生B:「マジかいな。『書いてみい』って言うてしまったわ。取り返しつかんことをしてもうた」

*      *      *

 長机を端に寄せた視聴覚室。目の前で、5人の大学生が即興の寸劇を披露していた。罵詈雑言を学校裏サイトに書く級友。それに勧められるままに、相手が誰か知らずに悪口を書き込む。それを、親友にも勧めたところ、悪口を書かれていたのはその親友だった、というストーリーである。

 携帯電話の気軽さと掲示板の匿名性がイジメを増幅させる。それを寸劇で表現していた。演技は1分。授業の最中に、5分ほどで即興のストーリーを考える。そして、演技終了後、他の学生と討論し合う。

写真2

田中博之(たなか・ひろゆき)氏
1960年北九州市生まれ。大阪大学人間科学部卒業後、同大学大学院人間科学研究科の博士課程在学中に人間科学部助手に。その後、大阪教育大学専任講師、助教授を経て現職。専門は教育工学、教育方法学。

 これは、「教育方法学演習」の授業の一コマ。小中学校の生徒に、インターネットの危険性や携帯電話の正しい使い方をどのように指導すべきか――。大学卒業後、小中学校の教員になる大学生に対して、具体的な授業の方法論を教える講座である。

 「この授業は参加型アクティビティと言います。即興の寸劇やロールプレイなど疑似体験を通して、加害者と被害者の気持ちを感じることを目的にした授業です。相手は小中学生。プリントを配って、ビデオを見て、感想文を書くといった教え込み型の授業では、退屈で聞いてもらえませんからね」

 にこやかな口調でこう語る男性は田中博之氏。ネット犯罪やネットイジメの実態を理解し、被害者にも加害者にもならないことを子供たちに自覚させる。いわばネット安全教育の“プロ教師”を育てようと試みる大阪教育大学の教授である。教員を目指す大学生にネット安全教育を行っている例はほとんどない。

コメント13件コメント/レビュー

ネット問題に限らずイジメにせよ援助交際にせよ全ては子供たちがその根本原因、実態、危険性を理解していない事が問題。  一部の精神的・知的に早熟な子供であれば、様々な情報を入手し、取捨選択し、知識を得ることが出来る。  しかし、大多数の子供(たとえ高校生でも)はそれが出来ない。  だから親が教えてやらないといけない。  ただその親自体がこう言った知識を教えられるほど理解していなかったり、また、面倒くさい・照れくさいなどと言うことで行っていない。  つまりは責任回避。  学校教育も重要だろうが、根本は親。(2008/06/10)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ネット問題に限らずイジメにせよ援助交際にせよ全ては子供たちがその根本原因、実態、危険性を理解していない事が問題。  一部の精神的・知的に早熟な子供であれば、様々な情報を入手し、取捨選択し、知識を得ることが出来る。  しかし、大多数の子供(たとえ高校生でも)はそれが出来ない。  だから親が教えてやらないといけない。  ただその親自体がこう言った知識を教えられるほど理解していなかったり、また、面倒くさい・照れくさいなどと言うことで行っていない。  つまりは責任回避。  学校教育も重要だろうが、根本は親。(2008/06/10)

だーいぶ昔に医大を出た医者でも最新の医療技術を常に勉強してますね。そうしないと患者を助けられない。教育者も同じ。やっぱ常に新しいことを勉強しないと。してると思うんですけど、昨今の状況は子供に教えること以外の仕事を誰かが押し付けすぎてるでしょう。そういう余計な仕事の義務を消して、最新情報の勉強をさせるようにしないと。教師でなくてもできる仕事は他にやらせればいいです。プロの能力と時間を無駄遣いするのはいい加減やめましょう。(2008/06/09)

ネットだろうがモラルは変わらないとコメントした者です。他の方に「旧世代」などと断定されておりますので年齢を明かしますが、私は30歳独身です。ネットは10年以上前から使っており、今でも毎日様々な掲示板やブログなどを見てコメントも入れてます。ネット上で知り合った人とオフで会ったこともありますし、ワンクリック詐欺のサイトに飛ばされたこともあります。被害には遭っていませんが。以上の経験から「ネットでもモラルは変わらない」と述べておりますので、新しい文化を受け入れようとしないなどと的外れな反論をされるのは心外です。「ネットはこれまでの世界の延長上に無い」とおっしゃっておりますが、そのようにネットは違うと意識することが「身構えている」ということだと指摘しているのです。ネットと言えども所詮は対人関係。何事もそうですが、基本がしっかりしていれば後は応用です。重要なのはその基本を子供達にどう教育していくかという話であって、やれ親が悪い教師が悪いなどと罵り合うことではありません。(2008/06/09)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長