• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

“骨抜き”ネット規制法でも、業界と溝

国家管理にマイクロソフト、ヤフー、楽天の隠せぬ不安

2008年6月16日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 6月11日、「青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律案(青少年ネット規制法案)」が成立した。今後、詳細を詰め、1年以内に施行となる。

 法案の趣旨は、18歳未満がインターネットで犯罪に巻き込まれたり、わいせつな描写を目にしたりする危険を未然に防ぐこと。にもかかわらず、今年春に高市早苗議員が中心となって策定された法案骨子が明らかになると、ネット業界は猛然と異論を唱えた。

突然の立法提案に戸惑い

 ネット業界がもっとも、問題視したのは「有害情報を国が定める」とした点だった。「違法は判断できるが、有害とは何を指すのか」。ネット関係者は口を揃え、「表現の自由を侵害する」「言論統制につながる恐れがある」と反発した。4月23日にディー・エヌ・エー、ネットスター、マイクロソフト、ヤフー、楽天の5社が共同で青少年ネット規制法案への反対声明を出すなど、ネット関連団体で反対を表明する動きが相次いだ。

 この甲斐あってか、今回の法案では附帯決議で、「(政府は)事業者等が行う有害情報の判断、フィルタリングの基準設定等に干渉することがないようにすること」と明記され、国が有害情報を規定するという事態は避けられた。これだけを見れば、ネット業界の希望通り、当初の法案の主張はかなり“骨抜き”となったといえる。それでもネット業界には、まだ油断できないという空気が漂う。なぜなのか。

 それは、今回の立法には業界の自助努力を認めてもらっていないという思いがあるからだ。

 「じっくりと議論しようとしていたところに、突然だった」。あるネット企業の幹部は、舞台裏を打ち明ける。総務省が中心となって「インターネット上の違法・有害情報への対応に関する検討会」を立ち上げたのは2007年11月下旬。ここには通信事業者やネットコンテンツ事業者など民間企業も加わり、意見交換を続けてきた。

コメント3件コメント/レビュー

ケータイがどんどん進化し、それに伴って、独創的な使い方を「発明」する人も次々に現れる。それを、大人より先に、大人が知らないところで、子供たちが使いこなすようになる。しかも、その変化のスピードが早いので、法で網を掛けようとする試みは、後手後手に回らざるを得ないと思う。結局は、利用者の道徳心と危険回避を考える自制心に訴えるしかないのでは、と思う。(2008/06/17)

「NBニュース」のバックナンバー

一覧

「“骨抜き”ネット規制法でも、業界と溝」の著者

戸田 顕司

戸田 顕司(とだ・けんじ)

ビジネスメディア編集部長

「日経ビジネス」兼「日経ビジネスオンライン」「日経トップリーダー」の副編集長、「日経レストラン」編集長、日経トップリーダー事業開発部長などを務め、2017年4月より現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ケータイがどんどん進化し、それに伴って、独創的な使い方を「発明」する人も次々に現れる。それを、大人より先に、大人が知らないところで、子供たちが使いこなすようになる。しかも、その変化のスピードが早いので、法で網を掛けようとする試みは、後手後手に回らざるを得ないと思う。結局は、利用者の道徳心と危険回避を考える自制心に訴えるしかないのでは、と思う。(2008/06/17)

作者の文中に企業側による「自助努力」と言う言葉に反論します。そもそも企業とは営利追求と言う目的が前提です。企業が「自助努力」をする為に物・人・金を使い率先してこの問題を追及する事はないと思います。既に業界として問題意識を持っていたなら報道されいる問題に対処出来ていたかも知れません。企業側の言い分とは社会問題になり単に営利を追求出来なくなった事が背景にある事と規制をされると対策費用がかさみ収益の悪化に繋がるからに過ぎません。いつでもこの手の問題になると表現の自由とか聞こえの良い言葉を持ち出します。表現の自由に関わらず、何でも自由な事は良く捕えられます。本来の自由とは責任を持つからこそ自由なのではないのでしょうか?正直なところ今回この記事を読ませて頂き筆者が何を伝えたいのか私の頭では理解できませんでした。(2008/06/16)

この記事はwebにあるネット規制法の記事を単にまとめたような印象。独自の視点もなく、何故このタイミングなのかとクビをかしげてしまう。規制社会や監視社会の流れが何を生むのか。メリットに比べ、デメリットは本当に少ないのか。そこを論じてほしい。(2008/06/16)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員