• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

スピード社が破った常識

「水着は編み物」、日本勢に固定観念

  • 星 良孝

バックナンバー

2008年6月17日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 北京五輪競泳の前哨戦ともされた「ジャパン・オープン」は、日本人選手の日本記録の更新に沸いた。筆頭は、世界記録を約1秒も短縮した男子200m平泳ぎの北島康介選手だろう。

ゴールドウインの小嶋正年事業部長

ゴールドウインの小嶋正年事業部長

 記録更新の“立役者”となった英スピードの水着「レーザー・レーサー」。日本水泳連盟が選手に着用を認めたメーカーは、デサント、アシックス、ミズノの3社のみだったが、選手がレーザー・レーサーを“試着”したところ16人が日本記録を更新した。

 日本でスピード製品の開発、製造、販売の権利を持つのはゴールドウイン。アスレチックスタイル事業本部の小嶋正年スピード事業部長は「レーザー・レーサーで記録更新ラッシュが起きると、既に宣言していた。今年は水着開発の元年」と誇らしげに語る。

 その自信の背景にはレーザー・レーサーの素材がある。従来の日本製品と一線を画す決定的な違いがあるのだ。

ミズノとの契約終了が転機に

 2007年5月まで、スピードの水着は、スポーツ用品首位のミズノが42年間にわたってライセンスを保持していた。スピードの水着に変革が起きたのは、この契約が切れる時期と重なる。

 スピードは1914年に、オーストラリアで創業した。水着を主力に成長し、五輪で競泳水着の評価を高めた。世界展開を進める中で、日本では65年にミズノと契約。以来、同社の商品開発の中心にいたのがミズノや東レだ。

 特に、2000年に出た“鮫肌水着”の異名を持つ製品は注目を集めた。鮫の表皮を参考に水着表面に0.1mmの溝をつけて水の抵抗を減らした。

 実はこうした開発が活発になる中でも「競泳水着にはある常識があった」と小嶋氏は言う。それは「きつい」は「遅い」というもの。締めつける水着は泳者の動きを制限し、速さを損なうからだ。だから、スピードを含めて日本で一般的な水着の素材は、糸を編み込んだ「ニット」から成り立っていた。伸縮性が高く、着心地がいいのが特徴だ。

 この常識を破ったのがレーザー・レーサーである。スピードは2004年頃から水着の新素材を、世界中の繊維市場で探していた。その結果、選ばれたのは、無名に近いイタリアの繊維メーカー「メクテックス」の素材だった。

コメント13

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長