• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

センセイ、聞いてください!

[第1回政策アンケート 読者編]独自調査が示す国会議員と読者の意識のズレ

  • 杉山 俊幸

バックナンバー

2008年7月14日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「今の政策は国民のためというより、政局のため、つまり選挙で勝つためのものになっている」

 首相官邸の関係者だった人物は、こう漏らす。

 洞爺湖サミットも終わり、内閣改造、民主党の代表選、そして解散・総選挙へと政局が大きく動く季節が始まる。真に有権者のことを考えた政策を打ち出す時期とも言える。

 しかし、冒頭の人物の危惧は杞憂に終わりそうにない。日経ビジネスがこのほど行った「第1回経済政策アンケート~日本再浮上への挑戦~」の結果から、そんな現実が浮かび上がる。

格差問題に対する考えに溝

 前回の「ビジネス・政策道場」では、自民党と民主党の衆院議員を対象に行った経済政策アンケートの結果を元に、それぞれの議員の基本的スタンスを明らかにした。小さな政府を志向するか大きな政府か、規制緩和を志向するか格差是正か、などの視点で分類したものだ。

 そこに今回、日経ビジネスオンラインの読者アンケートのデータを重ねてみたのが下のグラフだ。白丸が読者の回答で、円が大きいほど多くの読者がそう答えたことを表している。有効回答数は3902人で、うち7割強を会社員(役員を含む)が占めた。

図表

 この会社員に支持政党を聞いたところ民主党が自民党の2倍ほどの26.9%を得た。ところが、民主党議員が考える政策と、読者が望む政策には乖離があることがグラフでよく分かる。

支持政党のグラフ

図をクリックすると詳細をご覧いただけます。

 民主党議員は、小さな政府で格差是正という1つの集団を作っている。しかしアンケートに答えてくれた会社員は、小さな政府で規制緩和となるような政策を求めている。つまり格差に対する考え方が異なっているわけだ。

 小泉政権時代、それを象徴するキーワードとして規制改革や市場主義などがよく使われた。政権末期、それらへの批判が出てきたため、後継の安倍政権時代には再チャレンジが経済政策の標語となった。より分かりやすい言葉で国民に訴えかけたのが、民主党の格差是正という戦略といえる。昨夏の参院選での勝利の一因ともなった。

 行き過ぎた規制改革は多くの傷跡を残し、それを癒すために格差是正という揺り戻しが起こっている。一般にはそう理解されがち。しかし今日本で起こっていることは、そう単純なことでもなさそうだ。アンケート結果からそれが分かる。

 例えば所得格差という問題。ワーキングプアの温床とも言われる「日雇い派遣」を原則禁止する動きが、与野党を問わず進んでいる。これまで労働分野では、雇用形態の多様化を促す規制緩和が進んできた。これに待ったをかけ、所得格差の広がりを抑える。それが政治の世界の考え方だ。

コメント30

「ビジネス・政策道場」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授