• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第14回 欧州の小国に学ぶ強い空港の作り方

2008年7月25日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 仏パリのシャルル・ドゴール、独のフランクフルト、蘭アムステルダムのスキポール、英ロンドンのヒースロー、そしてルクセンブルク空港。EU(欧州連合)における国際貨物取扱高ベスト5の空港だ。このうち上位の4空港は欧州を代表する空港といえる。だが、5位につけているルクセンブルク空港については、日本ではあまり馴染みがないのではなかろうか。

 ルクセンブルクはオランダ、ベルギーと経済同盟を結んだベネルクス3国の1国として知られる。欧州のほぼ中心に位置するEUの原加盟国だが、人口はわずか46万人の小国である。国土の面積は神奈川県と同じくらいしかない。だが、4億5000万人の欧州消費市場を背景にした貿易国として、国民1人当たりのGDP(国内総生産)は、世界トップレベルの豊かさを誇る。そうした経済発展の原動力となってきたのが、EU第5位の貨物量を扱うルクセンブルク空港なのだ。

 2008年3月のACI(世界航空協会)の最新統計によれば、ルクセンブルク空港の貨物の年間扱い高は85万6740トン。世界でも23番目に位置し、24位の羽田国際空港の85万1551トンや25位の関西国際空港の84万5996トンを上回っている。いわば人口46万人の小国の空港が、ここまでの規模に発展したのはなぜか。そこには、それなりの理由がある。

目的地になれない不利を、有利にする

 「ルクセンブルク空港が発展した理由は、乗客向けではなく貨物基地として空港を特化させたからだと思います。ルクセンブルクそのものはマーケットとしては小さく、乗客にしても貨物にしても輸送の目的地にはなりません。そのため貨物のハブ空港を目指したのです」

 「そうしてEU向けの世界中の貨物を取り扱ってきました。ナショナルフラッグキャリア『ルックスエアー』グループの貨物航空『カーゴルックス』が、世界中から集まってくるEU向けの貨物をルクセンブルク空港へ空輸し、そこからトラックで各国へ運んでいます」

 ルクセンブルク経済開発局貿易投資東京事務所の松野百合子エグゼクティブディレクターが、こう説明する。

 「日本ではあまり認知されていませんが、国の政策としてこの貨物のハブ空港化を後押ししてきたのです。例えばカーゴルックスがA国との路線開設を要望しているとする。すると、ルクセンブルク政府が相手国と航空交渉をし、路線を結ぶ。そうして国と航空会社が一体となり、路線を開拓してきました。その結果、ルクセンブルク空港は貨物取扱高EU5位の国際空港に発展してきたのだと自負しています」

 人口46万人の国といえば、鳥取や佐賀など過疎に悩む地方の県より少ない。それでいて、首都空港は国際基幹空港として立派に機能しているのだ。まさしく、何の戦略もなく建設されてきた揚げ句、経営難に陥っている日本の地方空港とは好対照だ。いまや赤字の国内路線に頼ってきた多くの空港は、減便や路線の廃止に怯えている。

コメント5

「閉ざされた日本の空」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もう中山素平のような人物が銀行の頭取という形で現れることはないだろう。

佐藤 康博 みずほフィナンシャルグループ社長