• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「30分=10円」の駐車場も

ガソリン高でコインパーキングが“閑古鳥”

2008年7月28日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

名古屋には夜間30分=10円の駐車場が
東京・五反田駅近くの駐車場は、数字が何度も張り替えられている

名古屋には夜間30分=10円の駐車場が(上)。東京・五反田駅近くの駐車場は、数字が何度も張り替えられている(下)

 東京、山手線の五反田駅から5分ほど歩いた幹線道路沿いの「桐ケ谷交差点」。ここを中心に密かな競争が起きている。コインパーキングと呼ばれる時間貸し駐車場の価格競争だ。

 駅前の商業集積地から少し離れたこのあたりでは、遊休地を活用した駐車場が乱立している。数台しか入らない小さなものから、20台以上の大きなものまで、半径100m以内に10カ所以上はある。仕事でよく使うという30代の女性は「価格がしょっちゅう動くから、使う時は必ず複数の駐車場の料金をチェックする」と語るほどだ。

 駐車場の料金を記した札が上から無造作に張り替えられているところが、頻繁に料金を変更していることを物語っている(写真下参照)。この戦いは桐ケ谷交差点周辺だけのものではない。全国の時間貸し駐車場の縮図だ。

「涙ぐましい」料金設定

 都心の駅や、商業施設など複合ビルの近くでは、まだ強気の価格設定が続いているが、「駅から300mも離れれば、需要は極端に下がる」(業界関係者)。1カ所が値下げすれば、周囲も追随せざるを得ない状況だ。

 例えば、ある駐車場が「30分=300円」を250円に下げると、近くの駐車場はすかさず「12分=100円」にする。いずれも1時間に換算すると支払額は500円で同じだが、一方は、短時間しか使わないユーザーにアピールしている。逆に長時間使うユーザー向けに1日の料金を「1200円で打ち切り」とするところもある。

 値下げ競争が激化している背景には、大きく2つの要因がある。1つが、2006年6月に改正道路交通法が施行され、駐車違反の取り締まりが強化されたこと。その結果、時間貸し駐車場が急増し、供給過剰な地域が出てきた。

コメント3

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「「30分=10円」の駐車場も」の著者

白壁 達久

白壁 達久(しらかべ・たつひさ)

日経ビジネス記者

2002年関西大学経済学部卒業後、日経BP社に入社。日経ビジネス、日経ビジネスアソシエを経て、2015年から香港支局長としてアジア全体をカバーする。2016年8月から日経ビジネス記者に。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「絶対これしかありません」というプランが出てきたら、通しません。

鈴木 純 帝人社長